体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう散らかさない!キッチンの収納術7選【収納のプロ実践中】

もう散らかさない!キッチンの収納術7選【収納のプロ実践中】

「キッチンがすぐ散らかる」「キッチンの収納がいつもぎゅーぎゅーで取り出しにくい」とお困りの方必見。整理収納アドバイザー・小林尚子さんのキッチンの収納アイデアを実践すれば、”使いやすくて、いつもきれい”な状態に近づけるはず。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

小林尚子さんのキッチン収納アイデア7選

小林さん宅のキッチンはセミオープンタイプ。背面には冷蔵庫とレンジ台つきの食器棚、腰高の棚が並んでいます。
シンクやコンロのまわりにはほとんど何もなく、どこを見てもスッキリ! 最小限の動きで済むように考えぬかれた配置と、取り出しやすい仕組みづくりをご覧ください。

 

【キッチン収納1】鍋やフライパンは立てて収納

フライパンなどを立てて収納できるスタンドを使って、キッチンのコンロ下の引き出しを整理。フタもセットにして立てていますが、圧力鍋のフタだけは入らないのですき間に収納しています。
手前のすき間も無駄にしないように油や調味料などの収納スペースに活用。
「使いたいものがワンアクションで取り出せるので、調理の動きを妨げません。キッチンの中でも特にコンロまわりは“コックピット状態”が理想なんです」と小林さん。
調理中は引き出しを開けっぱなしにして、使ったものをすぐ戻すようにしているそうです。

 

【収納アイデア2】レンジフードの縁を使って吊り下げ収納

キッチンで使うものは、基本的にすべて引き出しの中に収納している小林さんですが、よく使うものや洗ったあとの水切りに時間がかかるものなどは例外。
軽量カップやザルは、レンジフードの縁にS字フックを掛けて収納しています。
挟めるタイプのフックには、ゴム手袋、ふきんのほか、レシピを挟むことも。

 

【キッチン収納3】キッチンペーパーは吊り戸棚の中に

レンジフード隣の吊り戸棚をあけると、キッチンペーパーを発見! 突っ張り棒で固定されていて、このまま切り離して使うことができます。
奥にはコの字型ラックを入れてあるので、ストックはその上に収納。
「残量が常に目に入るので、うっかり切らしてしまうことがなくなりました」と小林さん。
コの字型ラックの下には取っ手つきのストッカーを入れて、乾物やカップスープの素などをまとめています。

 

【キッチン収納4】シンク下はファイルボックスで整理

シンク下収納は、ファイルボックスを取り入れて無駄なスペースができないようにしています。
ファイルボックスごとに液体洗剤やトレー、スポンジ、ふきんなどを分類収納。右から使用頻度の高い順に並べているのもポイントです。
シンク下の掃除をする際もファイルボックスを移動するだけだから、家事の時短にもつながりそう。

 

【キッチン収納5】小物収納に扉の裏側も活用!

キッチンのシンク下の扉にフックを取りつけ、ワイヤーネットを設置。使い古しの歯ブラシやタワシなどの掃除グッズ、キッチンでも出番が多いハサミなどの小物を収納しています。
「キッチンのシンクで使う掃除グッズはすぐ下にあるのがベスト! 使える時にすぐ出せて、すぐ戻せる配置にしておけば掃除のハードルも下がりますよ」と小林さん。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy