体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【photo exhibtion HARMONIZE 3人展】イベントの様子をご紹介!

趣通信スタッフのかっくです。

1月26.27.28日の3日間、photo exhibtion HARMONIZE 3人展を、studio331で開催いたしました!

 

photo exhibtion HARMONIZE 3人展

日本の民族衣装である着物は、日常生活では馴染みの少ない存在となっています。

着物ならではの繊細な柄、大胆な色使いをワードローブ
ファッションの一部として、もっと身近に感じて興味を持って欲しい、着物の可能性を伝えたいという想いから今回のエキシビションを開催しました。

このエキシビションは着物をテーマにした、カメラマン北田理純・ヘアメイク堀江麻美・スタイリスト角藤智美の3人展です。
各人がひとつづつデレクションした3つの全く違った世界観の写真と、廊下に展示した帯を巻いたダンサーが踊る写真と映像のコラボレーション。

ヘアメイク麻美による、水引きと帯締めによる遊園地をテーマにしたヘッドの展示。
スタイリスト角藤智美のレディースのコルセット甲冑のスタイリングボディーの展示といった内容で開催いたしました。

イベントでの展示の様子をレポートで今回、ご紹介させていただきたいと思います。

 

photo exhibtion HARMONIZE 3人展の様子

まず、入り口を入るとダンサーでもありモデルでもあるMikiちゃんに帯を巻きつけ、踊り、ほどけてゆく帯の面白さを、映像と写真に仕上げました。

映像も写真も、いろいろなものに見えるのが不思議です。Mikiちゃんの身体の動きの美しさと帯がほどけてゆく儚さが素敵でした。
ちなみに、この作品が3人で行った初めての作品撮りです。ここからHARMONIZEの全てが始まったのでした。

IMG_1169

 

カメラマン北田理純のデレクションの作品

IMG_1167

入って正面の窓にどーん!と陣取ってるのは、カメラマン北田さんのデレクションの作品。

男性着物で、甲冑をつけたい!というリクエストに、ステンレスで甲冑作りました!もちろん北田さんにも手伝っていただきました。
地球を救いにきた宇宙人というB級映画っぽいストーリーもある、大きくて迫力ある写真です。

unnamed (3)

窓に貼り付けているので、昼の光、夕日、夜の闇で表情が違うのも面白かったです。

 

ヘアメイク堀江麻美のデレクションの作品

unnamed (4) IMG_1166

向かって右側の4枚の写真は、ヘアメイク麻美のデレクションの作品。

とにかく、柄のなかに埋もれさせたいということで、ラブリーな雰囲気と、シブメの雰囲気の2パターンを撮影。ラブリーな方は今回のHARMONIZEのアイコンにもなり、ご来場いただいた方の1番人気もこの作品たちです。

ヘアメイクのカラフルさと、着物のカラフルさがいい具合に融合した作品になりました。

 

スタイリスト角藤智美ことかっくデレクションの作品

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。