体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お粥だけじゃない!鍋や春巻きなど、セリのおすすめレシピ3選

お粥だけじゃない!鍋や春巻きなど、セリのおすすめレシピ3選

セリは日本に古くから自生している野草。「春の七草」のひとつとして知られ、七草粥に入れて食べますが、東北地方では雑煮やきりたんぽ鍋などにも使われます。今回は、セリのさわやかな風味を楽しむ3つのレシピを紹介します。あく抜きなどの下ごしらえのコツもあわせて覚えましょう。

香りの強いものを選び、乾燥を防いで保存

セリの保存:湿らせたキッチンペーパーで根元を包、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に立てて保存

冬野菜のイメージが強いセリですが、実は夏の一時期を除き通年で出回っています。鉄、カリウム、β-カロテン、葉酸、ビタミンCが豊富です。

新鮮なセリは、ハリがあり、香りが強く、濃い緑色をしています。また、根が多く、茎との境目がくっきりしていて、茎が太いかどうかもチェックしましょう。保存するときは、湿らせたキッチンペーパーで根元を包み、ポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。水分が抜けるとしなびてくるので、みずみずしいうちに使いきりましょう。

サッと加熱し、香りと食感を残す

セリの下茹で:沸騰した湯で、茎は10秒ほど、葉はサッと通す程度に茹でる

セリは、おひたし、あえもの、天ぷら、汁ものといった、風味を生かしたシンプルな料理にするのがおすすめ。香りのアクセントとして、肉料理にもよく合います。
やわらかい葉は生食でき、サラダや薬味などでフレッシュなおいしさを味わうのも良いでしょう。風味が詰まっている根の部分は、天ぷらやきんぴらなどでいただきましょう。

セリの下ごしらえ

根を水につけて泥を落とし、全体を流水で洗う。

硬さが異なる葉、茎、根の部位ごとに、手で折って3つに分ける(包丁を使うとあくが出やすくなるため)。折った断面からあくが出るので、すぐに水にさらし、5分ほどおく。

沸騰した湯で、茎は10秒ほど、葉はサッと通す程度に茹で、あくを抜く。すぐに水にとり、余熱が回るのを防ぐ。加熱しすぎるとビタミンCなど熱に弱い栄養素が失われるだけでなく、風味、食感、彩りも損なわれるので注意。鍋や炒め料理に入れる場合は、火を止める直前に加える。

セリのおいしさを再発見するレシピ3選!

さわやかな香りとシャキシャキの食感を味わう、おすすめレシピを紹介します。

セリとまいたけのお吸いもの(2人分)

セリとまいたけのお吸いものの作り方

材料

セリ:2本

まいたけ:1/3袋

だし:300cc

醤油:小さじ1

みりん:小さじ1/2

塩:少々

セリは1~2cm幅に指で折る(飾り用に葉少量を残しておく)。まいたけは小房に分ける。

鍋にだしとセリを入れて温め、醤油、みりん、塩で味付けする。

まいたけを加え、火が通ったら完成。器に盛り、飾りにセリの葉を添える。

セリの春巻き(10本分)

セリの春巻きの作り方
1 2次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。