体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見たことのない世界へ!ヨーロッパの秘境・絶景ベスト17

見たことのない世界へ!ヨーロッパの秘境・絶景ベスト17

ヨーロッパには、フランスのエッフェル塔やルーブル美術館、イタリアのサン=ピエトロ大聖堂、青の洞窟、ドイツのノイシュバシュタイン城などとにかく観光名所は数えきれないほどあります。きっと有名な観光名所には旅行に行かれた方も多いと思います。

でも、ヨーロッパにはまだあまり知られていない「秘境」とよばれる場所が結構存在しているのです。今回はそんなヨーロッパの秘境をご紹介します!

*編集部追記(2016/01/31)
2015年に公開した記事にトラエナ島とコミノ島を追記しました。
2016年に更新した記事に5スポットを追記しました(2018/1/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ヨーロッパの秘境に行ってみての感想

photo by pixabay

おしゃれな街並みや美術館など、都市を満喫するイメージが強いヨーロッパ観光。しかしながらヨーロッパには、まだ人の手がつけられていない、というか手がつけられないほど壮大な自然スポットが数多くあり、秘境の旅をするのにもおすすめの場所なんです!

私は2012年にデンマークに住んでいたころ、アイスランドを訪れました。セリャラントスフォスの滝、ヴァトナヨークトル、スカフタフェットル国立公園など、他の場所ではなかなか見ることができない雄大な自然が楽しめます。

自然観光スポットが多いため、レンタカーを借りて観光するか、現地のツアーに参加するのがおすすめです。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixabay

秘境といっても様々な国があるので、一概に治安が良い、悪いとは言えませんが、アイスランドの治安は良かったです。ですがルーマニアやクロアチアなど、東欧は治安が良くないと言われることが多いので、注意が必要です。

物価は国によってまちまちですが、いわゆる物価が高い国ほど治安は良い傾向にあると思います。アイスランドはヨーロッパの中でも物価が高い国なので、外食をすれば3000〜5000円かかることもザラです。

サンドイッチとコーヒーといった軽い軽食でも、なぜか1000円ぐらい払うことになっていたりと、気をつけていないとどんどんお金がなくなります。

衛生面も国によって違いますが、アイスランドは良いです。インフラが整っており水道水も問題なく飲めます。

 

おすすめのベストスポット

ヴァトナヨークトル

Takashi Oikawaさん(@oikawa.ta)がシェアした投稿 – 2月 26, 2017 at 10:06午後 PST

私がおすすめするのは、氷で作られた美しい洞窟・ヴァトナヨークトルです。ここはヨーロッパ最大の氷河であり、総面積はなんと約8,100km²にも及びます。洞窟内は氷が青く幻想的に輝き、まるでこの世のものとは思えないほど美しいです。

公共の交通機関ではいけない場所なので、ツアーに参加するかレンタカーを借りる必要があります。首都のレイキャビクからは300km以上離れているため、自分で向かうとなるとヴァトナヨークトル付近で一泊する必要があります。

短期でアイスランドに行く方は、ツアーに参加するのが手軽に簡単なのでおすすめです。

 

1.セリャラントスフォスの滝(アイスランド)

Seljalandsfoss

photo by Diego Delso

アイスランドの南部にある、最大落差65mの滝です。滝の裏から見ることができる「裏見の滝」としても知られています。

滝壺の裏がくり抜かれたような珍しい地形になっていて、きれいな空をバックに滝を眺めることができます。まるでCGかと目を疑う光景が広がります。

 

2.プリトヴィツェ湖群国立公園(クロアチア)

Plitvička jezera

photo by jidanchaomian

ボスニア・ヘルツェゴビナの国境の近くに位置する港町にある公園です。山中に高低差のある湖群が大小さまざまな滝によって繋がれている水のパワーを感じられる公園です。

この地形が自然によって生み出されたとはにわかには信じがたいです。

 

3.シルフララグーン(アイスランド)

Kousuke Yoshidaさん(@_yoshidandan_)がシェアした投稿 – 8月 10, 2015 at 4:30午後 PDT

シンクヴェトリル国立公園の中にあるシラフルは北米プレートとユーラシアプレートの堺で、「地球の割れ目」とも呼ばれている場所です。

100m先が見えるほど透明度の高い水で、世界で最も美しいコールド・ウォーター・ダイビングの場所としても知られています。シルフララグーンと呼ばれる碧色のラグーンは冷たい水を潜ってでも見に行く価値がありそうです。

 

4.ザキントス島(イオニア諸島)

Zakynthos island

photo by Nana B Agyei

難破船「パナギオティス」が放置されていることから、難破船ビーチとも呼ばれているザンギトス島のナヴォイオ海岸が大変美しいです。

ヨットやビーチツアーの船でしか訪れることができません。ジブリ作品である「紅の豚」の主人公マルコの棲家としてモデルになったと言われています。ジブリファンでなくても、この美しい光景に目を奪われることは間違いありません。

 

5.ヴァトナヨークトル(アイスランド)

Vatnajökull

photo by David Phan

総面積8,100㎡、体積ではヨーロッパ最大の氷河です。冬の間だけ行くことができる氷の洞窟が存在しており、ブルーの世界を楽しむことができます。

 

6.ウシュグリ村(グルジア)

Koichi Yuwaさん(@yuwa25travel)がシェアした投稿 – 10月 23, 2017 at 1:58午前 PDT

標高2,400mの山岳地帯にある村で、ヨーロッパ最後の秘境とも言われています。多数の石造りの塔が残されており、中世以来の景観を保持しています。

11世紀に建てられたラマリア教会には、グルジオ王国の最盛期の王タマルが埋葬されていると信じられています。

 

7.ブルーラグーン(アイスランド)

Blue Lagoon

photo by Jack Torcello

面積が5,000㎡と世界最大の広さを誇る露天温泉施設です。実はアイスランドは温泉大国なんです。37~39度に設定された温水は、天然のミネラル豊富な海水です。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。