体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気ファッションブランド「N.HOOLYWOOD」誕生秘話

人気ファッションブランド「N.HOOLYWOOD」誕生秘話
J-WAVEで放送中の番組「Jeep® CREATIVE GARAGE」(ナビゲーター:AKO・小牟田亮)。毎月最終日曜日に、AKOと、ウェブマガジン『HOUYHNHNM(フイナム)』編集長の小牟田亮がゲストを招き、現代のスタンダードを発信していくこの番組。1月28日(日)のオンエアでは、ファッションブランド「N.HOOLYWOOD」を立ち上げた、デザイナーの尾花大輔さんをゲストに登場しました。

尾花さんは1974年、神奈川県生まれ。中学3年の頃から古着に魅了され、1992年から古着ショップのマネージャーやバイヤーを兼任。その後、2001年に古着のディテールに新たなコンセプトや価値観を加え、全く新たな服を表現するブランド「N.HOOLYWOOD」を発表しました。シーズンごとに打ち出されるコンセプトや独自のデザインに魅了される著名人、芸能人も数多く、東京を代表するファッションブランドとして支持されています。

尾花さんは「N.HOOLYWOOD」を立ち上げたきっかけを、こう話します。

「古着屋やっているとき、毎月仕入れに行くたびに、信じられないくらい毎回どんどん“仕入れたいと思うもの”がなくなることを実感したんです。この間はジーパン100本だったのに、50本になって、20本になって。自分の目にかなうものが減っていくという状況に焦りを感じて、まずは『ボロボロの服もカッコいいから着ようぜ』ってセレクションしたけど、それもなくなっていく。リメイクを始めても同じように減ってしまい、食っていけなくなるんじゃないかと思うほどでした」

そこで、「今まで培ってきた古着のディテールやアイデアを、一から作って形にしていったらどうなるだろう」と考えたことが、「N.HOOLYWOOD」の立ち上げにつながったそうです。

そんな尾花さんの原点を伺うと、「ものが生まれたルーツを一通り調べ上げて見直すこと」だそう。「それはブランドだけじゃなくて、例えば人に対しても『何をやってた人なんだろうな』ってことを知ると、いろいろ見えるじゃないですか。だから、とにかく調べ上げて、掘り下げていくようにしています」と、自身の考えを語りました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「Jeep® CREATIVE GARAGE」
放送日時:毎月最終日曜 22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/creativegarage/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。