体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<ライブレポート>ママズ・ガン、グルーヴィに時にメロウに奏でられるサウンドで濃密な空気に包み込まれた夜

<ライブレポート>ママズ・ガン、グルーヴィに時にメロウに奏でられるサウンドで濃密な空気に包み込まれた夜

 2009年デビュー・アルバム「ROUTES TO RICHES」でデビュー。1曲目に収録された「Little House On The Hill」が全国のラジオを中心にパワープレイされ大ヒット。以来、作曲家/プロデューサーとしても活躍するVOCALのAndy Plattsを中心に、キャッチ―かつなメロディとファンキーなサウンドで人気を確立しているイギリス出身の5人組「MAMAS GUN」。昨年12月にリリースされた4枚目のアルバム「Golden Days」を引っ提げ、待望の来日ツアーが現在開催されている。ここでは初日の大阪公演の模様をレポートする。

ママズ・ガン ライブ写真(全10枚)

 客電が落ち、人懐っこい笑みを浮かべてメンバーが登場。「マイド!(毎度)Are you ready,Osaka?」と笑顔で会場を見渡しながら、「Golden Days」のナンバーを中心に、前作「Cheap Hotel」のナンバー、そしてこれまでのヒットチューンを織り交ぜつつ、ステージは進む。Erykah Baduの作品名をバンド名に冠していることからも伝わる、SOUL、FUNK、DISCOといったルーツミュージックへの深い敬意、さらにはJAZZ、AORなどを吸収したサウンドを、グルーヴィに、時にメロウに奏でていく。

 ダンサブルなナンバー、シットリ聴き入ってしまうバラード、キャッチーなポップソング、それぞれに違った表情を持つ楽曲たちも、彼らが奏でることで「MAMAS GUN」の音楽へと昇華されていく。また演奏や各々のプレイはもちろんのこと、Andyのボーカルラインに重なる4人のコーラスも素晴らしく、重なり合うハーモニーにうっとり聴き入ってしまった。緩やかなスロウナンバーを経て、アップテンポなナンバーが続く中盤辺りから、ジッとしていられない!とばかりに立ち上がり、踊り始めるオーディエンス。一人、また一人と立ち上がり、音に身を任せて演奏を楽しむ様子に、メンバーたちも嬉しそうな笑顔を見せていた。コール・アンド・レスポンス、そしてハンドクラップ。会場の空気が親密に、濃密に変化し、ステージとの距離がグッと近づいていく。

 メンバー同士もとても仲の良い雰囲気で、KeyboardのDavaの飄々かつコミカルなトーク、動きに会場がドッと沸く場面もあった。「Good Singin’,Osaka」と笑みをこぼすAndy、さらにBASSのCameronが「みんな踊ろうぜ」と煽り、サービスエリアは総立ちのダンスフロアへと変貌。ステージ、フロア双方から発せられる熱がぶつかり合い、一気に会場の空気が高揚していく。最初は控えめにクラップしていた女性が、終盤には満面の笑みを浮かべて身体を揺らしていたり、スーツ姿の男性が上着の裾を揺らしリズミカルに踊っていたりと、それぞれが自身の楽しみ方を見つけて、ライブを堪能していたのも印象的だった。そういった反応もきっと、MAMAS GUNというバンドが持つ音楽性の懐の深さゆえではないだろうか。

 和やかなでそれでいて濃密な空気のもと、あっという間に過ぎたステージ。このあと続く2月1日のビルボードライブ東京公演も盛り上がることは間違いないだろう。
Photo by Kenju Uyama
Text byYukari Sugimoto

◎公演情報
【ママズ・ガン】

ビルボードライブ大阪
2018年1月30日(火)※終了
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

ビルボードライブ東京
2018年2月1日(木)
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

来日間近のママズ・ガン 新世代ソウルを存分に感じられる「I Need A Win」MV公開
ママズ・ガン 3年ぶりのニュー・アルバム『ゴールデン・デイズ』から新曲配信スタート
洋楽最強新人ママズ・ガン、待望の初来日が決定!!

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会