体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EP-4佐藤薫による新レーベルが始動 リリース第一弾はEP-4 [fn.ψ]/ラヂオ ensembles アイーダの新作

EP-4佐藤薫による新レーベルが始動 リリース第一弾はEP-4 [fn.ψ]/ラヂオ ensembles アイーダの新作

 EP-4の佐藤薫による新レーベル「φonon(フォノン)」が始動。その第一弾としてEP-4 [fn.ψ]と、ラヂオ ensembles アイーダ(Radio ensembles Aiida)のCD作品が、2018年2月18日にリリースされる。

 「φonon」は佐藤薫が80年代に立ち上げたインディー・レーベル「SKATING PEARS」のサブレーベルとなる。「SKATING PEARS」は当初カセット・テープを中心に多彩な作品をリリースしてきたが、「φonon」は佐藤薫のディレクションによって主にエレクトリック/ノイズ系の尖鋭的な作品を中心にリリースする予定。

 今回、新作をリリースするEP-4 [fn.ψ](ファンクション サイ)は、佐藤薫とPARAやEP-4のサポートなどマルチに活動する家口成樹の2人によって2015年に組まれたEP-4の別動ユニット。新作『OBLIQUES』は「φonon」の初作品になると同時に、ユニットにとっても初のCD作品となり、2017年6月に大阪で行われたライブ演奏の音源を収録。安易なリズムやビートを徹底して排除したかのような音の洪水が空間を切り裂く、約60分間のシームレスなライブ録音となっている。

 同時に作品をリリースするラヂオ Ensembles アイーダは、A.Mizukiのソロ・ユニット。新作『From ASIA (Radio of the Day #2)』は、2017年11月に発表された初作品集『IN A ROOM (Radio of the Day #1)』の続編でありシリーズの第2作となる。内容はタイトル通り、BCLチューナーを抱えて訪れたアジアの街角でのフィールド・レコーディングで構成。複数のBCLラジオが偶然織り成す一期一会の受信音と、リレースイッチの電流制御などによって生まれるビート/グルーヴをコンダクトし、他に類のないサウンドスケープを紡ぐ。

◎リリース情報
EP-4 [fn.ψ] 『OBLIQUES』
2018/02/18 RELEASE
SPF-001 2,000円(tax out.)

ラヂオ Ensembles アイーダ『From ASIA (Radio of the Day #2)』
2018/02/18 RELEASE
SPF-002 2,000円(tax out.)

視聴用URL:https://audiomack.com/artist/onon-1

関連記事リンク(外部サイト)

坂本龍一幻のNYライブ・パフォーマンス、ドイツ・ベルリン国際映画祭での上映が決定
坂本龍一による幻のNYライブ映像の一部が解禁に、誰にも聞かせたくなかったパフォーマンスとは
孤高の音楽家 グレン・グールド生誕85周年記念! 坂本龍一 キュレーターとなって12月にイベント開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy