体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハンブルク・バレエ団が来日、リアブコ「他では全く体験したことのない作品」

ハンブルク・バレエ団が来日、リアブコ「他では全く体験したことのない作品」

 1月29日、都内にてハンブルク・バレエ団2018年日本公演の開幕記者会見が開催され、“現代最高の振付家”とも評されるジョン・ノイマイヤー芸術監督と、ダンサーのアレクサンドル・リアブコ、アレクサンドル・トルーシュがバレエ団を代表して出席、公演への抱負を語った。

 冒頭、ヨルン・リークホーフ広報宣伝部部長が、30年以上にもわたるハンブルク・バレエ団のこれまでの日本公演を紹介。1986年の初来日の際には、ノイマイヤーが広島の平和記念資料館を訪れ、その後急遽プログラムを変更し、広島での『マタイ受難曲』上演が実現したエピソードなども述べられた。

 次にノイマイヤー自らが今回上演する3作品について紹介。「日本公演は今回で8回目となりますが、私たちのレパートリーのもっとも人気の高い作品を持ってきました」と自信をみせた。1作目は、ノイマイヤーによる物語バレエの大傑作として知られる『椿姫』だ。ヴェルディのオペラがあまりにも有名だが、バレエは全編にショパンの楽曲を用いており、登場人物の心の動きをより深く描き出している。

 ノイマイヤーは出演ダンサーについて「ここにいるトルーシュは、今回初めて『椿姫』のアルマンを踊ります。パートナーはアリーナ・コジョカル。二人のリハーサルを見て、今まで気づかなかった点に気づき、修正をしたり、新たな色付けをした部分もあります。私たちはこうして、作品をさらに良いものにしていくのです」と語った。

 もう一つの全幕作品『ニジンスキー』については、「20世紀でもっとも重要なアーティストのひとり」とノイマイヤーが敬意を寄せる天才ダンサー・振付家のヴァスラフ・ニジンスキーを題材とする。ノイマイヤーはこの作品について「これはドキュメンタリーではありません。これは、彼がいかに精神的な深さをもった人間であったかということを表現する作品なのです」と力強く説いた。

 さらに『ジョン・ノイマイヤーの世界』では、「バレエがいかにアイデア、インスピレーションを表現する芸術であるか、お伝えしたい」と話す。プリンシパル、ソリストからコール・ド・バレエまで、カンパニー総出演でノイマイヤーの作品世界を綴る、壮観の舞台となるだろう。

 『ニジンスキー』のタイトルロールを2月10日、12日に踊るのは、2000年の初演以来この役を踊り続けているリアブコ。「初演時には、リハーサルのとき、ジョンは私に自由に踊ることを許してくれた。振付は変えず、私なりの解釈、表現でニジンスキーを踊れた。とても思い入れのある作品」としながら、「男性ダンサーにとって、とても難しい作品。毎回、無事に舞台をつとめられるか不安になる。テクニックはもちろん、感情面でしっかりと納得できる表現ができるかどうか──。何回踊っても決して楽になることはなく、毎回困難をともなう、他では全く体験したことのない作品。日本の皆さまの前で踊ることができてとても幸せ」と思いを述べた。

 いっぽうのトルーシュは、『椿姫』のアルマン、『ニジンスキー』の2作品で主役を踊るという大活躍。
「『椿姫』を初めて見たのは12歳か13歳の時、踊っていたのは彼(リアブコ)だったと思う。その時から、この役を踊ることが夢だった。やっと踊れる日がきた」と爽やかな笑み。『ニジンスキー』については、「この人物にはいろんな側面があるけれど、アーティストとしてそれを表現できるのは素晴らしい体験。体力的にも感情面でも求められるものがとても多く、追い詰められながら、ニジンスキーを体感しながら踊っています」と語った。

 ハンブルク・バレエ団2018年日本公演は、2月2日から12日まで、東京文化会館にて開催。また2月17日にはロームシアター京都での『ジョン・ノイマイヤーの世界』が予定されている。

◎公演情報
ハンブルク・バレエ団来日公演
東京文化会館(上野)
【椿姫】プロローグ付全3幕
2018年2月2日(金)18:30開演
2018年2月3日(土)14:00開演
2018年2月4日(日)14:00開演
【ガラ公演 <ジョン・ノイマイヤーの世界>】
2018年2月7日(水)19:00開演
【ニジンスキー】全2幕
2018年2月10日(土)14:00開演
2018年2月11日(日)14:00開演
2018年2月12日(月・祝)14:00開演

関連記事リンク(外部サイト)

アンデルシェフスキのモーツァルト 滲みわたるモーツァルトの世界(Album Review)
ファウストとベザイデンホウトのバッハ ヴァイオリン・ソナタの誘惑(Album Review)
新国立劇場2018/2019シーズンラインアップ発表 次期オペラ芸術監督に大野和士

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会