体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観「仕方がないけど諦めない」

尾崎世界観「仕方がないけど諦めない」
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観<クリープハイプ>)。1月29日のオンエアでは、少し前から問題になっているある話題について尾崎が話しました。

それはチケットの転売問題について。リスナーからのメールがきっかけでこの話題になり、「もうねえ…」と尾崎も納得いっていないようですが、独自の考えを持っているようで…

「チケットとかも、売れても1割くらい来ないですからね。何かあったりとか、転売されて買い手が無かったりとか。そういうのに少しでも逆らいたい、抗いたいと思って考えたりやったり…。自分でもやっぱイライラするし『なんでだろうな』と思うけど、なんかそうできてるんですよね」

と自身の考えを明かす尾崎。「広く考えると、多くの人を集めて何かをやるってことはそういうことなんですよね」「100人くらいの規模でずっとやってたらなかなかそんなことも無いんでしょうけど。人を多く集めるっていうのは、それだけ人間もいろんな人がいますから」と少し達観した考えを持っている様子。

そして“仕事”という観点から以下のように続けていました。

「うまくできてるというか、犯罪でメシを食ってる人もいるし、それを取り締まってメシを食ってる人もいるし…『取り締まってメシを食ってる』って変な言い方ですけど(笑)。本当に何も無くなったら仕事になんない人もいるんですよね…」

とはいえ、尾崎自身も「なんとかしたい。多くの人を集めて何かを伝えたい」という思いは強く、そういう思いも込めて以下のように結んでいました。

「悔しいんですけど、仕方のないことでもあると。でもそれで諦めはしないですけどね、そことどう戦っていくのかっていう。これは難しいです、本当に。(対策は)引き続きやり続けたいと思いますけど」

この日の放送では他にも尾崎が最近イラっとしたSNSの投稿について嘆く時間もありました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。