体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平昌五輪・カナダチームのボブスレーとスケルトンは戦闘機のデザイン

平昌五輪・カナダチームのボブスレーとスケルトンは戦闘機のデザイン

 開幕が迫る韓国・平昌冬季オリンピック。各競技の前哨戦も一通り終了し、あとは本番を待つばかりとなっています。各チームのユニフォームなどもお披露目され、オリンピックで目にするのが楽しみですね。そんな中、カルガリーでボブスレーとスケルトンのカナダ代表チームの壮行会が行われ、選手たちが使うボブスレーとスケルトンのデザインが公開されました。なんとカナダ空軍の戦闘機からインスパイアされたデザインです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ジョシュ・ドーナン氏によってデザインされた、カナダチームのボブスレーとスケルトンのカラーリング。カナダ国旗に使われる赤と白に、メイプルリーフをあしらったものですが、これはカナダ空軍の戦闘機、CF-18デモチームの機体が2017年シーズンにまとった「カナダ建国150年記念」デザインにインスパイアされたものだといいます。

 カナダ空軍のCF-18デモチームは、毎年テーマを決めて機体のカラーリングを行なっており、2017年は「カナダ建国150年」を記念するデザインでした。カラーリングをデザインした第410戦術戦闘飛行隊のグラフィックデザイナー、ジム・ベリボー氏にとっては、これが軍における最後のデザインワークとなりました。


 「カナダ空軍のCF-18が持つスピードとパワー、そしてパフォーマンスは、ボブスレーやスケルトンと共通しています。同じようにカナダを勇気付けているのです」とコメントしたのは、カナダのボブスレー・スケルトンチームのハイパフォーマンス・ディレクター、クリス・ルビハン氏。カナダ空軍の司令官、マイク・フッド中将も「我々カナダ空軍の面々、そして素晴らしい『カナダ建国150年』塗装のCF-18ホーネットが、カナダのボブスレーとスケルトン、オリンピック選手にインスピレーションをもたらしたというのは光栄なことです。来月のオリンピックでは、我々カナダ空軍はカナダ国旗に身を包み、声を限りにボブスレー・スケルトンチームを応援します」とエールを送りました。最後にCF-18デモ機とそのカラーリングをデザインしたデザイナーのジム・ベリボー氏、ボブスレーとスケルトンのカラーリングをデザインしたドーナン氏とオリンピック代表チームは記念撮影。

 カナダはスケルトン競技に6名、そしてボブスレー競技に18名の選手を派遣します。このイベントののち、ボブスレー代表はカナダ空軍の人たちにボブスレーの試乗体験をしてもらったそうですよ。

Image:RCAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ミャンマー空軍がロシアからSu-30戦闘機を導入決定
イスラエル空軍のF-15Iが導入20周年を迎える
海上自衛隊の「最高機密」大公開!日本を守る最強レシピ集『艦めし』

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。