体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気圧次第で体調不良を起こす近年話題の天気痛・気象病対策は『天気痛ブレス』+「頭痛ーる」+耳栓で対策!

天気次第で気分が変わる”お天気屋さん”は罪がないが、気象により頭痛などの体調不良を起こすとなると話は別。近年注目を浴びているそうした天気痛・気象病をツボ押しブレスレットで対策するのが『天気痛ブレス』。それに天気痛対策アプリ「頭痛ーる」、さらに耳栓をすれば、かなり軽減できるというのだが。

低気圧の接近などで頭が痛くなり、時には寝込んでしまう天気痛。痛みまでいかなくても体調がすぐれないのはお天気のせいかもしれない

「そんなの気のせいだよ」と軽くあしらわれがちな天気・気圧の変化による頭痛などの体調不良。しかし近年ではそうした悩みを抱える人が目立つようになり、「ためしてガッテン」や「世界一受けたい授業」などTVメディアでも多く取り上げられ、「気象病」「天気痛」の名で広く知られるようになった。

 

 

実際に低気圧になると、人によっては内耳に存在するセンサー細胞が反応して、興奮。自律神経を乱して様々な症状が出てしまうんだとか。雨が降る前に関節痛がしたり、古傷が疼いたりするのも同じ要因。頭痛、偏頭痛、首痛、めまい、喘息、リウマチ、うつ、認知症などの原因となるというから穏やかではない。

正直、記者もそうした気象病持ちである。台風時期など気分は塞ぐは、あちこち痛いでかなり苦労する。最近はそれが気象病というくくりに入るとわかったが、だからと言って不調が治るわけでもないので釈然としなかった。

そこで腕にはめてツボ押しができる天気痛対策ブレスレット、株式会社アメイズプラス(名古屋市西区)の『天気痛ブレス』(AZ-422・シリコーン・ABS樹脂製・11g/全長22.5cm×厚み約3mm・希望小売価格 税抜2,480円・発売中)が登場。クラウドファンディングで資金を集め、製品化となったそう。

モノ自体はシリコン製の腕時計のようなブレスレット。監修したのは天気痛ドクターとしてお馴染みの気圧医学の第一人者・佐藤純医師。その中心には25個の突起が付いている。ベルトはワンタッチで調整可能。パッケージから出すと突起が表面側に来ているが、逆転させて、突起部分を肌に当たるようにして天気の変わり目になったら1時間に3〜5回プッシュして、天気痛を和らげるとのこと。

その押す位置は、鍼灸師・若林理砂医院長のアドバイスを取り入れた「内関(ないかん)」へのツボ押し。手首から指3本分肘に向かって移動した腕の内側中心部にある。だいたいその辺を押していくとズンと響くところがあるので、そこがツボだ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会