体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ケント・エス・シリーズ・スパーク・メロー・5・100・ボックス』ベリー系のフルーツメンソールが女性層に似合う潰して味を変えられるカプセル搭載たばこ!

加熱式たばこの「グロー」のネオスティックに採用されたところから、再び脚光を浴びている「ケント(KENT)」ブランド。その元となる紙巻きたばこ『ケント・エス・シリーズ・スパーク・メロー・5・100・ボックス』はフィルター内蔵カプセルで2つの味が楽しめるのが特徴だ。

世界初のフィルター付きタバコという説もあるアメリカンたばこの代名詞・ケント

「ラッキーストライク」「クール」を擁するブリティッシュ・アメリカン・タバコの人気銘柄・ケント。その歴史は古い。1952年にアメリカで誕生した世界初(※諸説あり)の紙巻きタバコであり、かつて映画女優のオードリー・ヘップバーンが愛したたばことしても知られた。時代を経るに従って、いわゆるハリウッド映画の小道具として大学生がキャンパスで吸う”普通のたばこ”として登場するようになる。同名のアメリカントラッド・ファッションのブランド(表記はKent)もあることから、日本ではアメリカの国民的たばこのイメージが強かった。

日本でも1959年より販売されていたが、洋モク(輸入たばこ)としては有名でも、いわゆる”紙くさい”たばことされ、さほどファンは多くなかった。ところが1987年に低タール製品の「ケント・マイルド」が登場したことで状況は一変。トラッドなデザインと赤みのあるパッケージで、女性を含めて多くのファンを獲得した。

メンソール感のおかげで吸いごたえは5mgよりも強く感じる。

そんなケントの、日本における2回目のターニングポイントは2004年。それまでのコンサバティブなパッケージデザインを一気にモダンなものに変更し、ロゴも一新。それ以降はよりスペイシーな未来デザインに変更されて行く。メンソールも強化され、現在ではどちらかというと髪にたばこ臭さが残りにくい女性向けのたばこというイメージも大きくなっている。

そして今回、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンがラインナップに加えたのが『ケント・エス・シリーズ・スパーク・メロー・5・100・ボックス』(タール5mg/ニコチン0.5mg・20本入・価格 税込410円・2017年11月発売)。その特徴はフィルター部分にカプセルを搭載し、指先でプチッと潰すと味を変更するフレーバーが飛び出すという仕組みを持ったもの。

これまでもカプセルを潰すとメンソールが強くなる「アイ・ブースト」というシリーズがあったが、こちらはメンソールではなく、アロマ感の強い味が加わるところが違う。

 

単なるメンソールたばこでは飽き足らないスモーカーに芳醇アロマのプレゼント

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。