体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忙しい朝の強い味方に! 特許出願中「泡立て時短ポケット」採用の『肌楽プラチナプラセンタ洗顔石けん』が新発売

“敏感肌用スキンケア”として知られる「肌楽プラセンタシリーズ」に、洗顔の泡立て時間を短縮できる、忙しい朝にピッタリの『肌楽プラチナプラセンタ洗顔石けん』が、2月1日より新たにラインナップされる。

 

特許出願中の新技術“泡立て時短ポケット”とは?

明治38年の創業以来、110年以上に渡って洗顔石けんなどのスキンケア商品や入浴剤などのボディケア商品を製造する株式会社マックス(大阪府)から発売中の「肌楽プラセンタシリーズ」。最新作となる『肌楽プラチナプラセンタ洗顔石けん』の特徴は、なんといっても現在特許出願中の新技術、その名も「泡立て時短ポケット」を採用したことにある。

そもそも石けんの泡は、「石けん」と「空気」と「水」が混ざりあって発生する。一般的に泡立てネットを使って石けんを泡立てる場合、石けんを何度か水で濡らしながら泡立てることが多いだろう。


この『肌楽プラチナプラセンタ洗顔石けん』は、石けんが泡立つ「仕組み」に着目。泡立ての際に何度も水を加える手間を省くため、なんとあらかじめ石けん自体に水を貯水できるすり鉢状のポケットをつけてしまったというわけなのだ。しかも、水を混ぜ過ぎないことで泡の安定性が増すため、泡の質も向上。泡が流れずに必要最低限の量で洗顔できるという。

 

実際に同商品の開発室が行った泡立ちの検証映像を見てみよう。きっとそのすごさが理解できるはずだ。

 

 

 

独自のブレンドで敏感肌用シルクホイップを簡単に実現!

『肌楽プラチナプラセンタ洗顔石けん』には、天然パーム果実から搾取した“パーム油”と“パーム核油”を使用して、独自のブレンド配合比による製法で仕上げた石けん素地を使用。まるでシルクのようになめらかなホイップ泡で、皮膚の汚れをしっかりと落としながら、肌を包み込むようにやさしく洗い上げることができるのだ。

十勝産のホエー豚のみの胎盤からなる、高精製の“十勝プラセンタ”を採用しているため、肌への刺激も少なく、プラセンタ特有の臭いが一切しない。肌への浸透性も高いので、しっとりとした肌が実現できる。

 

さらに抗酸化作用によって皮膚の酸化を抑え、加齢とともに気になるシミ、シワ、たるみ、目の下のクマ、肌のくすみなどの改善に効果があるとされる「プラチナナノコロイド」や、有機栽培の植物エキス、ソープナッツエキスパウダーが配合されている。

 

「泡立て時短ポケット」の威力を実際にお試し!

早速記者も「泡立て時短ポケット」がどれ程すごいのか試してみた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。