体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

衝撃の食感! チョコレートの概念が変わるチョコ

衝撃の食感! チョコレートの概念が変わるチョコ
J-WAVEで放送中の番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「CRAFT MARKET」。1月28日(日)のオンエアでは、カカオ豆から製品になるまでの全てを手がけるブランド「Minimal」のBean to Bar Chocolateに注目しました。

渋谷「CHEESE STAND」のチーズ職人 兼 代表・藤川真至さんから推薦していただいた「Minimal」。藤川さんはMinimalのチョコレートを口にして以来、チョコレートに対する概念が変わったそうで「カカオを敢えて荒く残してあり、それは今まで体験したことがないもの。食感や香りがいつまでも楽しめる!」と賞賛していました。

そこで、Minimal代表・山下隆嗣さんにお話を伺いました。チョコレートといえば、通常はカカオを買ってチョコレートの原材料となる生地を作る一次加工メーカーと、その生地を買ってチョコレートを作って売る二次加工メーカーとに分かれますが、MinimalのBean to Barはカカオ豆を仕入れて売るまで、一気通貫しておこないます。

カカオは赤道直下の国で採れるため、アジアやアフリカなどにあるたくさんの国で採れます。「Minimal Flight」という商品は、世界中のカカオ豆を食べ比べるという意味で、この名前が付けられたそう。その中から「NUTTY」と「FRUITY」の2種類のチョコレートを食べたところ、レイチェルは粗挽きにしてあるという豆の食感にビックリ!

原材料はカカオと砂糖のみですが、カカオ豆の産地が異なるとチョコレートの味が変わります。「NUTTY」はコロンビア、「FRUITY」はベトナムの豆を使用。コーヒーやお酒にも合うため、男性ファンも多いそうです。

山下さんは、ガーナ、タンザニア、マダガスカル、メキシコからアジアまで、生産地に出向いて、適正な価格でカカオを取引しています。時には24時間もかけて生産地に向かうそう。まずは農家を訪れてカカオ豆のクオリティをチェック。パートナー探しに近い感覚で、豆の品質はもちろん、一緒に良い物を作っていける相手かどうかも見極めるそうです。

「私たちは、カカオの生産地とチョコレートの消費地を近づけることができると思っていて、良い物ができると適正な対価を支払い、新しいカカオで新しいチョコレートをお客さんに届けます。お客さんは新しいチョコレートで新しい体験ができて、それに満足してお金を払っていただきます。いただいたお金から、さらに良いカカオを作るべく生産者に還元します。誰も損をしないんです」と山下さんは語りました。

Minimalの商品は、渋谷区富ヶ谷にあるMinimal本店や支店のほか、オンラインサイトでも購入できます。ぜひ、チェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:毎週日曜6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。