体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メラニア夫人、エアフォースワンを頻繁に使用していた事が明らかに!莫大な費用に批判の声も

メラニア夫人、エアフォースワンを頻繁に使用していた事が明らかに!莫大な費用に批判の声も

メラニア・トランプ大統領夫人は、2017年1月から3ヶ月の間に米空軍のジェット機を頻繁に使用し、約70万ドル(約7,600万円)もの税金を使っていたことが、米『ウォール・ストリート・ジャーナル』が入手した軍の記録によって明らかになった。

米『ウォール・ストリート・ジャーナル』が伝えるところによると、メラニア夫人は、大統領就任式後の2017年1月後半から、バロン君の学業を優先しニューヨークに住んでいた4月までの約3ヶ月の間、エアフォースワンに合計21回乗ったという。行き先の大半は、ニューヨークやワシントンD.C.、フロリダだった。

この巨額な費用に批判の声も上がっているが、同紙は、現在のところ、この3か月間に「不適切な」移動が行われたことを特定できる証拠はないと伝えている。

これに対し、米空軍の広報担当であるエリカ・イェプセン氏は、「米空軍は納税者の良き執事役として機能し、任務の発生場所、内容、対象を問わず、与えられたあらゆる任務を果たすように努力していると語った。

今回明らかになった移動履歴はファーストレディの住居が当初ニューヨークにあったことが原因だが、この報告によってミシェル・オバマ前大統領夫人単独の移動費が8年間で2億8,000万ドル(約304億円)だったことも明らかになった。これを年平均に換算すると、35万ドル(約3,800万円)になる。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

天才子役ミリー・ボビー・ブラウン、デビュー当時のナタリー・ポートマンにそっくりと話題に
『ワンダーウーマン』主演ガル・ガドット、アカデミー賞からの締め出しに対する前向きな発言に称賛
トム・クルーズがインスタグラムを開設!『ミッション:インポッシブル』第6弾のタイトルを明かす
英キャサリン妃、ブルーのマタニティワンピース姿を披露!
キム・カーダシアンとカニエ・ウェストが明かした、一風変わった第3子の名前とは?

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。