体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティスト・平井 大インタビュー 『一番大きな夢は、70〜80歳になっても音楽に触れていること』

アーティスト・平井 大インタビュー 『一番大きな夢は、70〜80歳になっても音楽に触れていること』 平井大 Surf Rock ミュージシャン インタビュー ウクレレ ギター サーフィン ホノルルフェスティバル バイト フロムエー

Surf Rock界を牽引する若き異才の持ち主として多方面からの注目を浴びる平井 大さん。1月31日にリリースされる『LIVE TOUR 2017 ON THE ROAD』は、昨年9月に東京・国際フォーラム・ホールAで開催されたライヴの映像と音源を完全収録している。平井さんが生み出す音楽のルーツとなったもの、そして、唯一無二のミュージシャンとして仕事に向き合うスタンスなどを伺いました。

 

過去最大のツアーはとても濃厚な時間だった

平井大 Surf Rock ミュージシャン インタビュー ウクレレ ギター サーフィン ホノルルフェスティバル バイト フロムエー

――昨年、発表したアルバムを引っ提げて行われた『LIVE TOUR 2017 ON THE ROAD』と同名のCD、DVD&Blu-rayがリリースされますが、振り返ってみてどんなツアーでしたか?

このツアーは、名古屋を皮切りにファイナルの郡山まで全国13ヵ所をまわったんですが、僕の中で最大規模のツアーだったんです。すべてバス移動だったんですけど、バンドメンバーと日本各地いろんなところへ行って、バスの中で1泊したり、ツアーの間に夏フェスに出演したり、濃厚で思い出深いツアーになりました。

――今年も、年明けすぐに『LIVE TOUR 2018 ON THE ROAD-KEEP ON TRUCKING-』が開催されましたが、公演を終えてみての感想を聞かせてください。

昨年のツアーの追加公演なんですけど、嬉しいことに昨年の会場はすべてソールドアウト。その時に来られなかった方も今回の公演に来ていただいて、さらにツアーの間にディズニーのカバーアルバムのリリースもあったので、その収録曲もお披露目することができました。新年一発目からツアーができたことで、いいスタートがきれたと思います。

――2018年がスタートして約1ヵ月が経ちましたが、今年はどんな年にしたいですか?

これまでと変わらず、僕の曲を聴いてくださる皆さんの生活に寄り添った作品を作っていきたいと考えています。ありがたいことに曲を聴いてくださる方がどんどん増えていってるので、さらに幅広い層の皆さんに僕の音楽をお届けしたいというのが一番の目標です。

 

ミュージシャンになることは、ごく自然な流れだった

平井大 Surf Rock ミュージシャン インタビュー ウクレレ ギター サーフィン ホノルルフェスティバル バイト フロムエー

――では、ここからお仕事にまつわるお話を聞かせてください。ミュージシャンを目指したキッカケは何だったんですか?

3歳の時に祖母がウクレレをプレゼントしてくれたことと、父の趣味がギターとサーフィンだったこと。歯磨きをしたり、お風呂に入ったりするのと同じ感覚で、楽器に触れることが生活の一部だったんです。将来は音楽に携わる仕事をするんだろうという思いが漠然とあったので「これをきっかけに仕事に就いた」という特別なものはなかったんです。

1 2 3 4次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy