体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミラノのオススメ観光スポット26選

ミラノのオススメ観光スポット26選

イタリア屈指の観光都市であるミラノには、歴史、美術、建築、ファッションなどたくさんの見所が詰まっています。

また、ミラノは昔ながらの建物が立ち並び、中世当時の面影を見ることができる、情緒あふれるおしゃれな街として有名です。今回は、そんな魅力溢れるミラノに旅行へ行った際に、訪れるべき観光スポット26ヶ所をご紹介いたします。

*編集部追記
2016年9月の記事に新たに13スポットを追加しました。
2017年7月に更新された記事に新たに3スポットを追加しました(2018/1/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ミラノに行ってみての感想

photo by pixabay

私がミラノを訪れたのは夏で、気温は高く30度を超える日もありましたが、湿度が低いため不快感は少なく、快適に旅行することができました。夏は日照時間が長く、夜遅くまで明るい日が続くため、時間を気にせず観光することができ良かったです。

イタリアの中でも洗練された都市として人気のミラノ。迫力のある美しいドゥオーモや、フレスコ画やモザイク画が有名なヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア、豪華絢爛なスカラ座など見どころ満載で、観光するにも時間がとても足りなかったです。

ミラノはイタリアですのでやはりご飯もおいしく、ピザやスパゲッティ、ジェラートなど、何を食べても絶品だった記憶があります。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixabay

ミラノの治安ですが、詐欺以外の犯罪については減少傾向にあります。しかしながら、スリや置き引き、ひったくりなどの被害に遭う日本人が大勢いるので、決して油断はしないように!

イタリアの物価は全体的に安いですが、ミラノやローマなどの都市は例外で、外食や宿泊費などはそれなりに高いです。衛生面はさほど心配ありませんが、日本のような清潔さは期待しないようにしてください。

 

おすすめのベストスポット

スカラ座

Domiさん(@domurdock)がシェアした投稿 – 2015 10月 4 1:14午前 PDT

私がおすすめするのは、ミラノにある歌劇場・スカラ座です。

伝統あるスカラ座はイタリアオペラ界の最高峰とされる場所で、オペラやコンサートを楽しむのはもちろんのこと、まるで中世の世界にタイムスリップしたかのような豪華絢爛な内装も必見!アリーナ席で鑑賞するならしっかりと正装していきましょう。

 

1.ドゥオーモ

RoVeRさん(@roberto_gonzalezcastro)が投稿した写真 – 2016 8月 25 2:07午後 PDT

ミラノに行ったらこれだけは外せない!500年ほどかけて完成させたミラノの「ドゥオーモ」は、金銀細工が施された135本の尖塔と、3500本の彫刻が特徴的なゴシック教会です。

最も高い尖塔には金のマリア像があり、「このマリア像より高い位置に建物を建ててはいけない」と言われていたそうです。
■詳細情報
・名称:ドゥオーモ (ミラノ大聖堂)
・住所:Piazza Duomo, Milano
・アクセス:地下鉄1・3号線ドゥオーモ(Duomo)駅から徒歩すぐ
・マップ:
・営業時間:8時00分~19時00分
・電話番号:+39 02 7202 2656
・公式サイトURL:http://www.duomomilano.it/en/

 

2.サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

photo by pixta

あの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの壁画「最後の晩餐(ばんさん)」を見ることができる教会で、鑑賞するには予約が必要です。

鑑賞時間は15分と制限されており、また予約時間に遅れるとキャンセル扱いになるので注意が必要です。
■詳細情報
・名称:サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
・住所:Piazza S. M. delle Grazie
・アクセス:地下鉄カドルナ(CADORNA)駅から徒歩7分
・マップ:
・営業時間:7時00分~12時00分 / 16時00分~19時30分
・電話番号:+39 02 467 6111
・公式サイトURL:http://www.amoitalia.com/milano/cenacolo.html

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。