体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナノの世界をスマホで探検! 顕微鏡ガジェッット「iMICROSCOPE」はライト、物差し機能付き

小さいものの細部をよく観察したい、と思ってもすぐ側にいつでも顕微鏡があるわけではない。

そんなときに便利なのが、スマホを顕微鏡化するガジェット「iMICROSCOPE」だ。スマホの背面につけるだけで、30〜300倍拡大を可能にし、昆虫の体、砂糖の粒の結晶、紙幣のプリントなど、肉眼では見えないものをクリアにスマホ画面に映し出してくれる。

・UVライトで透かしの観察も

iMICROSCOPEを付属の吸着パッドでスマホの背面に固定すると、スマホのカメラ部分にレンズがくる。そしてアプリを立ち上げて対象物にかざすだけで顕微鏡となる。

倍率は30〜300倍。iMICROSCOPE側面についているボタンを押してライトをつけることもできる。ちなみにライトは3つのモードが用意されていて、UVモードを使うとお札の透かしなどもクリアに見ることができる。

・撮影もできる!

レンズは非球面なので歪みは補正され、詳細かつ正確な観察が可能だ。科学的な使い方をするときには対象物を計測する必要があるが、このアプリには物差しも付いていてワンタップするとスクリーンに物差しが現れる。

アプリではまた、撮影もできるので記録にもうってつけだ。

iMICROSCOPEは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開中。すでに目標額を達成し、今なら145カナダドル(約1万3000円)の出資で入手できる。

出資は3月7日まで受け付け、4月にも発送が始まる見込み。手軽にナノワールドを探検してみたいという方はいかが。

iMICROSCOPE/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会