体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グラミー賞ならぬ「タロミー賞」DJ TAROイチオシは…

グラミー賞ならぬ「タロミー賞」DJ TAROイチオシは…
J-WAVEで放送中の番組「SATURDAY NIGHT VIBES」(ナビゲーター:DJ TARO)。1月27日(土)のオンエアでは、グラミー賞直前企画をお送りしました。

日本時間1月29日(月)に開催された第60回「グラミー賞」授賞式。ケンドリック・ラマーとU2によるオープニングパフォーマンスや、マイリー・サイラスとエルトン・ジョンの共演、そして何よりブルーノ・マーズが主要部門を独占受賞したことが話題となりました。

そんなグラミー賞発表直前。DJ TAROが気にしていたのは、婚約発表で幸せの真っただ中、ヒット曲を連発しているエド・シーランが主要部門に入っていないことでした。「授賞式の結果を待たずしてグラミー荒れるんじゃないかなという。でも非常に難しいんですよね、音楽的にヒップホップ、R&Bにちょっと風当たりが強い時期があって、今回はヒップホップ・R&B勢が強くて。いろいろ面倒が起きちゃう事情もあったり…」と、「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」など、主要部門以外でノミネートされているエド・シーランについて言及していました。

さらにDJ TAROが、独自の視点で今年さらに盛り上がりそうなアーティストを選出。「タロミー賞」として紹介しました。

「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー賞」にノミネートされたカルヴィン・ハリスをピックアップ。惜しくも受賞は逃しましたが、DJ TARO曰く「彼の凄いところはEDMから完全にファンク路線に転向してカルヴィン節ともいえるサウンドをつくり、ブルーノ・マーズのニュー・ジャック・スウィングとはまた違ったムーブメントを起こしてる」ところ、とのこと。DJ TAROは、今年カルヴィン・ハリスが新たなブームを牽引すると予想していました。

オンエアではさらに「ベスト〇〇部門」というお題で、リスナーから各々のテーマに沿ったベストソングのリクエストを募集し、DJ TAROのオリジナルミックスでお届けしました!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SATURDAY NIGHT VIBES」
放送日時:毎週土曜 23時−27時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/nightvibes/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。