体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】フォール・アウト・ボーイが4作目の首位、LP盤セールスが好調

【米ビルボード・アルバム・チャート】フォール・アウト・ボーイが4作目の首位、LP盤セールスが好調

 フォール・アウト・ボーイのニュー・アルバム『マ ニ ア』がNo.1デビューを飾った、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 本作『マ ニ ア』は、彼らの通算7作目となるスタジオ・アルバムで、同1位を獲得した前作『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』(2015年)から、3年振りの新作。この2枚の他には、2007年リリースの3rdアルバム『インフィニティ・オン・ハイ』と、5thアルバム『セイヴ・ロックンロール』の2作が全米1位を獲得していて、本作『マ ニ ア』は4作目の快挙。

 初動ユニット数は130,000で、うち純粋なアルバムの売上は117,000枚と、ほとんどがアルバム・セールスだった。その中でも、およそ13,000枚がLP盤(レコード)の売上で、これは昨年9月にリリースした、ザ・ナショナルの 『スリープ・ウェル・ビースト』が獲得した14,000枚に続く記録。ここ最近は、インテリアやSNSにアップするためなど、“聴くため”とは違った形でLPを購入するマニアも多い。前作『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』も、初動218,000ユニットのうち、192,000枚がアルバムの売上で、彼ら含めロック・バンドのアルバムは、ストリーミングより圧倒的にセールスが強い。

 本作からは、既に5曲のシングルがリリースされていて、その中の「チャンピオン」は、オルタナティヴ・ソング・チャートで18位、ホット・ロック・ソング(ロック・チャート)で10位をマークするスマッシュ・ヒットとなった。その「チャンピオン」に、BTS (防弾少年団) のRMをフィーチャーしたリミックス・バージョンが国内盤には収録される。本作は、当初2017年9月にリリースされる予定だったが、調整等を含め4か月後の1月に発売された。

 2位に停滞したミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックは、今週も109,000ユニットを獲得し、これで【第75回ゴールデン・グローブ賞】(2018年1月7日)のノミネート効果によりNo.1を獲得した1月13日付から、4週間連続で10万ユニットを超えるヒットとなった。

 3位には、エド・シーランの『÷(ディバイド)』がランクイン。間もなく発売から1年が経過するが、未だTOP3にランクインするロング・ヒットを記録。週間ユニット数は47,000と、数字も安定している。先週の4位から5位にダウンした、ポスト・マローンの『ストーニー』も、わずかながら数字は落としたが、大幅には落ち込んでいない。

 一方、先週シングル・アルバム両チャートを制した、カミラ・カベロの『カミラ』は4位にダウンし、週間ユニット数は43,000と、およそ64%も数字を落とした。6位にはケンドリック・ラマーの『ダム』、7位にはGイージーの『ザ・ビューティフル・アンド・ダムド』が続き、先週TOP10入りした、リル・ウージー・ヴァートの『ラヴ・イズ・レイジ2』は9位から8位に上昇している。

 今週10位に再びTOP10入りした、ブルーノ・マーズの『24K・マジック』は、1月28日に開催された【第60回グラミー賞】で<年間最優秀アルバム賞>を受賞したため、次週以降はさらに順位を上げるだろう。ブルーノ・マーズは、その他にも<年間最優秀レコード賞>に「24K・マジック」、<年間最優秀楽曲賞>では「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」が受賞し、主要4部門のうち3部門(うち1つはアレッシア・カーラが受賞した最優秀新人賞)を制覇した。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、1月31日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『マ ニ ア』フォール・アウト・ボーイ
2位『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラック
3位『÷(ディバイド)』エド・シーラン
4位『カミラ』カミラ・カベロ
5位『ストーニー』ポスト・マローン
6位『DAMN.』ケンドリック・ラマー
7位『ザ・ビューティフル・アンド・ダムド』Gイージー
8位『ラヴ・イズ・レイジ2』リル・ウージー・ヴァート
9位『レピュテーション』テイラー・スウィフト
10位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ

関連記事リンク(外部サイト)

2月3日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
2月3日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
フォール・アウト・ボーイ「BTSに興味が湧いて色々調べて…」 RMをフィーチャーしたきっかけとは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy