体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<ライブレポート>LEE HI初の日本ツアー、圧倒的な歌唱力と多彩な表現で見せた幅広い可能性

<ライブレポート>LEE HI初の日本ツアー、圧倒的な歌唱力と多彩な表現で見せた幅広い可能性

 BIGBANG、PSY、WINNER、iKON、BLACKPINKらを擁するYG ENTERTAINMENTに所属する女性ボーカリスト、LEE HI(イ・ハイ)の初となる日本ツアー【LEE HI 1st JAPAN TOUR 2018】が1月27日に神奈川・カルッツかわさき、1月28日に大阪・オリックス劇場で開催され多くのファンの心を鷲掴みにした。この記事では、1月27日のカルッツかわさき公演をレポートする。

LEE HI ライブ写真(全4枚)

 LEE HIは、2012年に韓国SBS-TVオーディション番組『K-POPスター』シーズン1に出演し一躍注目を浴びると、同年YG ENTERTAINMENTと契約し、2012年10月29日にデジタルシングル「1,2,3,4」でデビュー。日本では、2014年にYG FAMILYが勢揃いするコンサートツアーの日本公演【YG FAMILY WORLD TOUR 2014 -POWER- IN JAPAN】に出演し、日本のファンの前に初めて登場。そして今回、日本での本格始動ともいえる記念すべき公演を見届けようと多くのファンが集まり、会場は満員となっていた。

 観客が期待に胸をドキドキさせる中、幕が上がると同時に演奏されたのは「BREATHE」のイントロだ。「BREATHE」はSHINee・ジョンヒョンが作詞作曲したバラード曲だが、正直ライブの口火を切ったのがこの楽曲であったことに驚いたのは私だけではないだろう。彼女が歌い出すと同時に緊張感と静寂が会場を包み、次の瞬間には涙を流す人や感嘆の声がところどころから聞こえてきた。一言一言、丁寧に歌い上げるその歌声には1曲目から完全に心を持っていかれた。

 MCで「外は寒いですが、皆さんといるので私はとても温かい気持ちでいっぱいです!」と流暢な日本語を話す姿にも感服したが、そのキュートな笑顔と裏腹に、演奏が始まると人並み外れた歌唱力と生バンドを引っ張るその声量に圧倒される。ソウルフルなその歌声は、10代の頃に比べて音域や声色の幅がぐんと広がり、さらに魅力を増していた。

 BOBBY(from iKON)との「VIDEO」、TABLO(from EPIK HIGH)との「UP ALL NIGHT」を歌い終わると、「この2曲は大好きなお兄さん達とコラボした曲です。あ…これまでオッパ(=お兄さん)と呼んできましたが言いたいことがあります。BOBBYさんは確かにお兄さんですが、TABLOさんはおじさん…ではないですか…ねぇ?(笑)」と仲の良いお兄さんをいじるチャーミングなMCで笑いを誘い、「日本で初めての単独ライブなので緊張していますが、皆さん楽しんでくれていますか?」と観客を気遣う場面も見られた。

 ステージに一つシャンデリアが設置されたシンプルな演出がひときわ目立ったのは、アコースティックギター1本に合わせての歌唱で、オリジナルとは全く違う雰囲気を漂わせ大人の色気を纏った「ROSE」だ。そこから「MISSING U」やケラーニのカバーで「GANGSTA」、そして「FXXK WIT US」へと観客への煽りも見せながらあらゆるビートを乗りこなしていく姿には貫禄さえ感じさせられた。ロングブレスで大きな歓声を浴びた「HOLD MY HAND」から「MY STAR」へ続くと、クラップが巻き起こりコール&レスポンスで会場のボルテージは最高潮の盛り上がりを見せた。

 そして、「時間はすぐに過ぎてしまいますが、最後の曲を歌う前にお知らせがあります!」とLEE HI。観客から「何~?!」と声が飛ぶと、3月21日に自身の日本デビュー・アルバムとなるベスト・アルバムのリリースを発表。待望と歓喜の拍手に包まれ本編のラストを「OFFICIAL」「WORLD TOUR」まで駆け抜けた。

 大きな「LEE HI」コールを受けアンコールに登場すると、観客が持つピンクの用紙に「ずっと待ってたよ」と書かれたメッセージが。アンコールではパワフルな歌声を存分に聴かせ、彼女の歌声に魅了され続ける圧巻のステージは「1.2.3.4」で大歓声の中幕を下ろした。韓国本国でのデビューから約5年。もちろんデビュー時のインパクトも凄かったが、歌声、表現力、アレンジ力、ステージングとどれをとっても、5年の間でここまで洗練されるのかと驚嘆させられっぱなしで強烈なインパクトを残すジャパン・ツアーだったと誰もが思っていることだろう。この堂々とした佇まいでまだ21歳ということが信じられないほどのポテンシャルを存分に見せつけたLEE HIの、今後の活躍と可能性に想いを馳せずにはいられないステージとなった。なお、LEE HIの日本デビュー・アルバム『LEE HI JAPAN DEBUT ALBUM』は、3月21日にリリースされる。

text:神人未稀

『LEE HI JAPAN DEBUT ALBUM』
2018/03/21 RELEASE
<2CD+DVD>
AVCY-58620~1/B 5,500円(tax out)
POS:498806458620/2
<CD ONLY>
AVCY-58622 2,500円(tax out)
POS:498806458622/6

関連記事リンク(外部サイト)

iKON、2日間で計3万人のファンとクリスマスをお祝い! 自身初のセンターステージも
WINNER、自身初の日本武道館公演が開催決定
BIGBANG ドキュメンタリー映画のScreenX版(3面270°視界)上映決定! 新規ライブ映像も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会