体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

阿川佐和子が明かす、ドラマ「陸王」の撮影秘話

阿川佐和子が明かす、ドラマ「陸王」の撮影秘話
J-WAVEで放送中の番組「RINREI CLASSY LIVING」(ナビゲーター:村治佳織)。1月27日(土)のオンエアでは、エッセイスト・阿川佐和子さんをゲストにお迎えしました。

阿川さんはエッセイの他にも、小説やインタビューなど多岐にわたって活躍。2017年はテレビドラマ『陸王』にも出演しました。

オファーされた際は、おもしろそうだと感じつつも、本格的な連続テレビドラマへの出演経験がないため気が引けていたそう。また、撮影のために週に3、4日かかると言われ、「雑誌とテレビのインタビューの仕事だけで、月に平均8人くらいはお会いしているし、原稿の締め切りもあるから、『いや、ちょっとムリです、ムリです、ムリです…』って言いながらも、気が付いたら引き受けてました(笑)」と話しました。

共演する役者に迷惑をかけないようにヒヤヒヤしていたという阿川さん。撮影中には、監督とこんな会話をしたそう。

「私は演技の素人だから、監督に『下手に演技せず、自然のほうがいいですよね?』と相談したんです。そうしたら、『ダメです!とりあえず声は大きく出してください!」と。大きな声ってどのくらい……と悩んだ結果、ゴルフをしているときのことを思い出して。ボールがあらぬ場所へ飛んでいったとき、周囲に危険を知らせるため「フォアー!」と叫ぶんですね。その要領で「『絶対間に合わせるぞー!』と言ったら、合格点が出たんですよ! そこからは、この手でいけばいいのねってずっと続けていたら、ドラマが終わっちゃいました」

『陸王』をもう一度観るときには、阿川さんの発声に注目してみると、また違った楽しさがあるかもしれないですね。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組名:「RINREI CLASSY LIVING」
放送日時:毎週土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/classyliving/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。