体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電動三輪スクーター「R1」は折りたたむとキャリーケースサイズに!

電動キックスクーターと電動車椅子の中間のような乗り物が開発された。三輪で、スクーターのようにシートに座って移動する「R1」。

ナビゲーションシステムなどを搭載し、近距離を移動するのに活躍する一方で、折りたたむとキャリーケースほどのサイズになるというお手軽さも兼ね備えている。

・座って安定走行

開発元のRelyncは「体に不自由を抱えている人、手軽な“足”を確保したい人など、R1は全ての人のための交通手段」とうたう。

電動車椅子よりはスマートなデザインで、三輪なのでキックスクーターより安定性があり、しかも座れるのでラクそう。

Bluetoothでスマホと連携させることもでき、スマホのアプリからR1の位置を確かめたり、ロックをかけたりすることも可能だ。

・3秒で折りたたみ

注目に値するのが、3秒で折りたたんでコンパクトにできること。ハンドルを伸ばしてスーツケースのように引っ張ることができ、開発元によると機内への持ち込みも可能なサイズという。

ただ、バッテリーを含めた重量は23キロあるので、階段での移動はやや大変かもしれない。

最高速度は時速12.8キロ、フル充電で30キロの走行が可能だ。

・CESイノベーション賞に輝く

R1は先日米国ラスベガスで開かれたCESでイノベーション賞を受賞している。

今年7月にも発売される予定で、価格は3600ドル(約40万円)を見込んでいる。

Relync

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会