体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

震災直後の海中で見たものは…水中写真家が語る

震災直後の海中で見たものは…水中写真家が語る
難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘いながら、脳力とテクノロジーを使ってメッセージを発信する武藤将胤がナビゲーターを務める番組「WITH」。1月26日(金)のオンエアでは、水中写真家・鍵井靖章さんをゲストにお迎えしました。

世界各地の海を撮影する鍵井さん。最新写真集『unknown(未知の海)』は、「みんなが知ってる海とは違う表情、海の素顔を見てほしい」という思いを込めて制作したそう。森のようだったり、遊園地のようだったり……武藤も「パット見、海だと思えないような写真もありますよね!」とコメントしました。

活動歴は20年を超える鍵井さん。はじまりは、デパートで水中写真展を見たこと。衝撃を受けるあまり、撮影とダイビングの経験がないにもかかわらず、その展示会の写真を撮ったカメラマンに“押しかけ”のような形で弟子入りしたのだそうです。

被写体として特に好きなのは、サメ、クジラ、マンタなど巨大生物。存在感に圧倒され、畏敬の念を抱きながら撮影するのだとか。

今まで最も印象深かったこととしては、東日本大震災直後に潜った海でのエピソードが語られました。

「海中は、家や車があったり、とても悲しい景色が広がっていて。津波の三週間後くらいに3日間潜ったんですけど、一切魚の姿がなかったんですよ。潜りに潜ってやっと見つけたのが、小指の爪ぐらいのダンゴウオという魚。命を全く感じなかった海底で小さな生き物がいたことに、いちばん感動したかな。放射線が怖くて、でも生き物たちが心配で潜って。『潜って失敗したかな』とも思ったけれど、あの魚に出会って、俺は震災の海に潜るべき人間だったんだなと感じました。あれは忘れられないですね」

神秘的で、心を揺さぶる海のなかの景色。しかし、プラスチックのゴミなどを目撃し、環境破壊を肌で感じることもあるそう。

「あまり偉そうなことは言えないですけど、何かを変えたいとは思っています。まずは『この世界、地球、自然はとても美しいんですよ』ということをみんなに知ってもらえたら」

自然を守る気持ちに繋がってくれたら嬉しいと、鍵井さんは話しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WITH」
放送日時:毎週金曜 26時30分−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc4/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。