体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最強の挑戦者・掌幻が3週勝ち抜き王者に挑むMCバトル

最強の挑戦者・掌幻が3週勝ち抜き王者に挑むMCバトル
J-WAVEで放送中の番組「WORD FREAK」(ナビゲーター:ACE・DOTAMA)。ラジオで即興ラップの対決“フリースタイルバトル”を行うこの番組。1月26日(金)のオンエアでは、3週勝ち抜き中のチャンピオン・FRANKENさんにチャレンジャーが挑みました。

現チャンピオン・FRANKENさんは16歳からマイクを握り、ラップ歴はなんと18年。フリースタイルを武器にさまざまなMCバトルやフリースタイルダンジョンで活躍し、現在までに4枚のアルバムをリリースしています。現在、5枚目のアルバムを制作しながら精力的に活動中です。

そんなFRANKENさんに立ち向かうのは掌幻(しょうげん)さん。ACEの紹介によると「墨田区生まれ、東京育ち、ラッパーはだいたい友達、『渋谷サイファー』の永遠のセカンド!」とのことで、2年前この番組が始まったときに第1回のチャレンジャーとしても登場してくれた、カムバックチャレンジャーです!

先攻・FRANKENさん、後攻・掌幻さんでバトルがスタート!

FRANKENの韻を畳み掛ける先行に、「これ出ると母ちゃんが喜ぶんだよ」「流行り言葉ばっか、築地で働いてるから分かるだろ?旬のもんは脚が速いから気をつけろ!」と応酬する後攻の掌幻。そこから2日前の収録後にFRANKENが財布を落とした話に展開、築地ネタで突っ込む掌幻さん、とフリースタイルならではの緊張感とストーリー展開が感じられる盛り上がりを見せました!

「今日マジ、ベストバウトっす!」とDOTAMAも大興奮の白熱バトルとなりました。ACE、DOTAMA共に今回の判定はかなり悩んだようですが…。

結果は掌幻さんに軍配が! 掌幻さんのラップについて「スタイルを変えてきていて、いつもは安定の“トン・トン”みたいなラップが、今日はムチみたいな掌幻というか。後ろからレイドバックしてトリッキーに踏み込むっていう、いつもと違う印象」とACE。

DOTAMAは、「FRANKENさんはものすごく早いのに、中身があって聞き取れるから、これまでのチャレンジャーは、その情報量に飲まれるんですよ、で、負けていくんですけど。掌幻くんは情報処理しながら相手の話を汲み取って、『三枚おろし』とか『築地』とか、相手の痛いと思うところをちゃんと韻で返して、さばいていく。それがすごい!」とバトルの印象を語りました。

残念ながら4週勝ち抜くことができなかったFRANKENさんですが、「まだちょっと甘かったんで、次に向けて修行します」と前向きなコメントを残しました。

新チャンピオン・掌幻さんに、次週はどんな挑戦者が挑むのでしょうか? これからのバトルへの期待が高まります!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WORD FREAK」
放送日時:毎週金曜日25時−25時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc1/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会