体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『模擬裁判』開廷! 中央学院大学法学部伝統のイベント

イベント名
中央学院大学法学部平澤修研究室がお送りする本格『模擬裁判』!概要
中央学院大学法学部平澤修研究室(千葉県我孫子市久寺家451/04-7182-1441)では、
学生が中心となって制作から公演まで行う「模擬裁判」を開催します。

裁判員制度が開始されてから8年が経過し、
制度が定着しつつある今、
実際の裁判の流れなどの実務に関する知識が求められています。
今回の模擬裁判では裁判員裁判制度を取り入れ、
学生の日頃の学びの成果を発表します。

今年度のテーマは「実父による幼児虐待死」です。

躾のつもりが幼い命を失う結果となった事件をどのように裁くか、
裁判官、
検察官、
弁護士、
被告人、
証人、
裁判員それぞれの役を東京地方裁判所をモデルに作られた模擬法廷教室で平澤研究室の学生たちが演じます。

日時:2018年2月2日(金)16:30~(開場16:00)
場所:中央学院大学6号館4階646模擬法廷教室
入場無料期間
開始日:2018年2月2日(金)
URL
http://www.cgu.ac.jp/news/tabid/88/Default.aspx?itemid=3080&dispmid=560お問い合わせ先 担当者
清水正博お問い合わせ先 電話番号
0471821441お問い合わせ先 メールアドレス
arzt@shimizu-legal-labo.com

みんなのPRの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。