体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プログラミング不要のチャットボット開発ツール「hachidori」の強みとは?【#TechスタートアップPR特集】

AIとifのハイブリッドチャットボット

――hachidoriさんのビジネスについて教えてください。

:プログラミング不要のチャットボットツール「hachidori」を提供しています。おかげさまで開発実績3,300件を突破し、2018年1月現在、国内最大級のチャットボットツールです。この躍進は、LINEとFacebook、両方のAPIに対応した国内初のWebブラウザチャットボットツールだったからだと考えており、スピード感を持って日々開発を進めてくれているエンジニアチームには本当に感謝をしています。

――実際にお使いの方からは、どんな感想が来ていますか?

坂口:チャットボットツールとしての完成度はもちろん、管理画面の使いやすさや、有人対応がある点など、「かゆいところに手が届くね」と言っていただくことが多いです。3000件以上の実績があるので、「こういうことできますか」と聞かれる機能についてはほとんど対応しています。先方が「これはできないですよね?」と聞いてきた内容に対して「むしろここまでできます」と返せることも多く、驚かれることもしばしばです。

hachidori株式会社 リードエンジニア 坂口峻平氏

――「hachidori」は、他にどんな点が優れていますか?

坂口:ゆらぎを許容する高度な言語処理というのがあると思っています。例えば文章が1つ入ってきたときに、その文章を単語区切りで区切って、その類似度から各単語に幅を持たせたりとか、日本語に変換して「-(伸ばし棒)」に対応したりなどの処理を加えているので、ひっかかりなく使ってもらいやすいのではないかと思います。

チャットボットの言語処理の方法というのは2種類あって、1つはIBMのワトソンを代表とする機械学習系のAIです。会話のデータをため込んで、合致している可能性がもっとも高い返事をするというもの。もう1つが従来からある、ifの言語処理です。もし〜と言われたら〜と返すというタイプのものですね。

前者の方が技術的にも新しいし画期的なので、引きも強いし、ユーザーに「人工知能ってここまで来たんだ」という驚きを与えられていいと思うんですよね。ただ、日本語の言語処理って英語と比べてすごく難易度が高くて、文節を切るとか、敬語使う場合があったりなど、いろいろありすぎて、AIがチグハグな内容を返してしまいがちなんですよね。

そういう状況のなかで、AIタイプとifタイプのハイブリッドをやろうと決めたのですが、第一段階としては、後者に注力することにしました。やっぱりチャットボットが普及するにあたって、チャットボットに対する世の中のユーザーの期待値ってすごく高いんですね。

Siriみたいなのを期待してるところってあると思うんですよ。それに対して、不完全なAIを出してチグハグな返答をして、ユーザーに「使えないじゃんチャットボット」と思われるのが一番のリスクです。それなら、第1段階はifのモノを作って、正確に返せるものを返していく、返せないものを正直に返せないとする。この方針でいこうと。

元大手勤務の経営陣が考える「当たり前」

――エンジニアチームは、現在どれぐらいの規模でやってらっしゃいますか?

坂口:現在は3名ですね。僕の他に2人です。ひとりは、現在産休中なのですが、創業メンバーのひとりでもある女性です。もともとデザイナーだったのですが、hachidoriのサービス設計にはスピードが不可欠だという結論になり、デザイナーからフロントエンジニアに職種転換してもらいました。もうひとりは、求人広告を見て来てくれた28歳の男性です。僕が24歳なので、かなり若いエンジニアチームだと思います。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy