体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KLMオランダ航空がスマート音声観光ガイドの無償貸出サービスを実施中

KLMオランダ航空では、オランダの首都アムステルダムへの観光客を対象に、スマート音声観光ガイド「Care Tag(ケア・タグ)」の無償貸出サービスを実施している。

オランダを代表する“フラッグ・キャリア”が、首都の観光振興に一役買うというユニークな試みだ。

・位置情報をもとに音声で観光案内

蘭アムステルダムの広告代理店「DDB & Tribal Amsterdam」とデザイン事務所「FROLIC studio」との提携により開発された「Care Tag」は、GPSモジュールとスピーカーで構成され、位置情報をベースに、アムステルダム市内を音声で観光案内する仕組み。

KLMオランダ航空の客室乗務員によって録音された音声ガイドは、定番の観光案内のほか、自転車の駐輪場所や施錠方法、交通量の多い交差点、盗難被害に注意を要する時間帯など、アムステルダムを安全に観光するためのコツやアドバイスなども網羅されている。

旅行カバンなどに付ける“ラゲッジタグ”の形を模した「Care Tag」は、バッグや上着に簡単に取り付けることができ、インターネットに接続されていなくても利用可能だ。

・英語を含む5言語に対応

「Care Tag」は、英語・中国語・ポルトガル語・ドイツ語・ロシア語の5言語に対応。

無償貸出サービスは、KLMオランダ航空でアムステルダムを訪問する搭乗客のみを対象とし、その利用に際しては、KLMの公式ウェブサイトで事前の予約が必要となっている。(文 松岡由希子)

KLM Care Tag

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。