体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with ODD FOOT WORKS

NeoL_odd1| Photography : Takuya Nagata

2017年3月にフリー・ダウンロードの形で「ODD FOOT WORKS」をリリースし、赤い公園の津野米咲を初めとする音楽界隈に注目され、一気にその名前を高めた踊Foot Works(以下:踊Foot)。FUJI ROCK FESTIVAL’17「ROOKIE A GO-GO」への出演や、自主イベント「TOKYO INV.」の開催、ペトロールズ楽曲のカヴァー作「WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? – EP」に“Talassa”のカヴァーで参加、12月にはライターの三宅正一氏が主宰するレーベル: Q2RecordsよりEP「Arukeba Gravity」をリリース。そして大晦日にはそのリリース・イヴェントを行うなど、シンデレラ・ストーリーとも言える飛躍の2017年をしっかりと締めくくった彼ら。その急激な「躍動」に対してどのように考えているのだろうか。ブライテスト・ホープの思い描く現状と未来とは。

——まず「踊Footの2017年はどんな年だったか」という部分から話を始められればと思うんだけど。

Fanamo’「作戦通りっちゃあ、作戦通りの2017だったよね」

SunBalkan「でも急激にいろんな事が進み過ぎた感触もある」

Tondenhey「とにかく怒涛だったよ」

Pecori「去年の年末は、今まで生きてきた24年間で一番年末感が無かったな、俺は。年末ライヴとか大晦日ライヴがあったんで、いつの間にか正月になってる、って感じで。渋谷で年越すの初めてだったよね」

Fanamo’「ライヴ終わりの『一軒め酒場』でいつの間にか年越してるっていう(笑)」

——もう少し良い店が良かったな(笑)。でも『作戦通り』という部分はあったんだ。

Fanamo’「去年3月にフリー・ダウンロードで『ODD FOOT WORKS』を出すぐらいに、みんなで『こうなってたらいいね』って思ってた流れを消化出来たとは思いますね」

Tondenhey「例えばフジロックのルーキーに出るとか」

Fanamo’「ただ、そういう事柄がドンドン決まりすぎて、結構テンパってた部分はありますね」

Tondenhey「願望として持ってた事が叶いすぎちゃったよね」

SunBalkan「叶いすぎて引いたよね(笑)」

Fanamo’「叶ってないのが『大河ドラマに出る』みたいな、浮つきまくった事ばっかりになってる(笑)」

Pecori「まあ出るんですけどね、いずれ。風魔小太郎役とかで」

NeoL_odd2NeoL_odd1| Photography : Takuya Nagata NeoL_odd3| Photography : Takuya Nagata

——そこはお任せします(笑)。そういった願望だったり進め方はメンバー内で会議をもったりする?

SunBalkan「全然しないですね。いま話したような事も、練習の時にちらっと話したりぐらいで。改めて『踊Footはどうするべきか!俺達の音楽とは!』みたいな話は、メンバー内でした事がない」

Tondenhey「やっぱりしていった方が良いのかなって、いま思いました(笑)」

SunBalkan「ただ『踊Footとして、こういう作品を作ろう』みたいな事を考えてしまうと、邪念が入ってきてしまうような気がするんですよね。だから、計算したくないし、計算して『踊Footの作品はこうじゃなきゃ』っていう気持ちが強くなってくるのは、少し恐いなって」

——『踊Footっぽいもの』を自己想定してそこに向かうと、枠が狭まる部分はあるよね。

1 2 3 4 5 6次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy