体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BIGBANG、初のドキュメンタリー映画がScreenX版で2月16日に日本上陸

BIGBANGの初となるドキュメンタリー映画『BIGBANG MADE』 がScreenX版として、新規ライブ映像と共に2月16日に公開される。『BIGBANG MADE』は全世界13ヶ国・地域32都市66公演で約150万人を動員した自身2度目となるワールドツアー『BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE]』の全340日間の記録を収めた、BIGBANGとして初となるドキュメンタリー映画である。デビュー10周年を記念して制作された本映画は、日本で当初の予想を大きく上回る10万人の動員を記録。これまでほとんど公にされてこなかった彼等の舞台裏の姿は、『普段見れないBIGBANGが見れて、可愛さとカッコ良さに鳥肌が立った』『私達は表面のライブしか見ていないけど裏方で倒れそうになりながら頑張っている姿を見てプロだと思った』など、ファンに大きな衝撃と感動を与えた。
『BIGBANG MADE』ScreenX告知用画像 (okmusic UP's)

ScreenXは、正面のスクリーンに加えて両側面(壁面)にも映像が投影されることで270°の視界すべてで圧倒的な臨場感を創出するマルチプロジェクションの映画上映システムで、ライブシーンでは270°画面での再編集により5人の圧巻のステージが蘇り、通常画面では観ることが叶わなかった他のメンバーの姿が映し出される。『BIGBANG MADE ScreenX』では、本編中に新規ライブ映像を追加! 2016年公開時にはシーンをセレクションした状態で上映された「BANG BANG BANG」「FANTASTIC BABY」「GOOD BOY」のライブ映像がフルバージョンで楽しめるほか、日本限定のスペシャルエディションとしてエンドロール後に上映された『2016 BIGBANG WORLD TOUR [MADE] FINAL IN SEOUL』での「BANG BANG BANG」フルステージ映像が、今回のScreenX版ではアンコールバージョン(特別編集版)となっていることもわかった。

また、『BIGBANG MADE ScreenX』の日本公開を記念した入場者プレゼントを数量限定で配布されることが決定。こちらの詳細は後日発表予定とのことなので、お楽しみに。公式サイトおよびYoutubeでは、ScreenX版上映の様子を垣間見ることのできるプロモーションムービーも公開となっているので、そちらも要チェック!

■『BIGBANG MADE ScreenX』公式サイト

http://bigbang10thmovie-made.jp/

(c)2016 YG ENTERTAINMENT INC.ALL RIGHTS RESERVED.
『BIGBANG MADE ScreenX』
2018年2月16日(金)よりユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて期間限定公開

<料金>

価格:¥2,500 均一(劇場鑑賞料金¥1,800+特別料金¥700)

※入場者プレゼント(数量限定)配布予定

<注意事項>

※ScreenXは特別興行のため、特別料金です。

※ScreenXは座席位置により、特に左右映像の視聴環境(見え方)が異なります。予めご了承ください。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会