体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ビクターロック祭り2018』にDragon Ash、四星球が出演決定

ビクターエンタテインメント(以下、ビクター)が主催するロックフェスティバル『ビクターロック祭り2018』にDragon Ashと四星球の追加出演が発表された。いつの時代も音楽シーンに確かな足跡を残し続けてきたビクターが“ずっとロック、これからもロック。”を合言葉に、2014年に初めて開催した『ビクターロック祭り』。今回で5回目を迎え、「BARK STAGE」と「ROAR STAGE」の2ステージでの開催となる。
『ビクターロック祭り2018』ロゴ (okmusic UP's)

Dragon Ashは、2018年で5周年を迎えた本イベントの初回から皆勤賞となる最多出演。ビクターロックの顔としてフェスを熱く盛り上げる。四星球は2度目の出演となるが、前回登場した「ROAR STAGE」では収容人数を大きく上回る動員を記録しており、話題となっているライブをぜひ体感してほしい。また、この2組の出演決定に伴い、好評を博しているVIPスタンド席やステージ上手側最前VIPエリアに入場可能なプレミアムチケットの販売の延長が決定! 受付は2月4日(日)23:59までとなるので、気になる方はお早めにプレミアムチケット販売サイト“WIZY”にアクセス!

 

また、現在『ビクターロック祭り2018』への出演権をかけた公募オーディション『Eggs Presentsワン!チャン!!』を開催しており、二次審査となる「ライブ審査」へ進むアーティスト21組が決定した。なお「ライブ審査」は公開審査として入場無料ライブとなっているので、出演者などの詳しい情報は『Eggs Presentsワン!チャン!!』サイトをチェックしてほしい。

■『WIZY』

https://wizy.jp/project/56/
『ビクターロック祭り2018』
3月17日(土)  幕張メッセ国際展示場

開場AM9:00 開演AM10:30 終演PM21:00(予定)

<出演者>

雨のパレード、ORANGE RANGE、KICK THE CAN CREW、GRAPEVINE、サンボマスター、四星球、SOIL&”PIMP”SESSIONS、竹原ピストル、DJダイノジ、Dragon Ash、never young beach、ぼくのりりっくのぼうよみ、Yogee New Waves、RHYMESTER、レキシ、ROTTENGRAFFTY、and more…
オーディション 『ワン!チャン!! ~ビクターロック祭り2018への挑戦~』
このオーディションは『ビクターロック祭り2018』とタワーレコード、NTTドコモ、レコチョクによるインディーズアーティストの音楽活動を支援する「Eggsプロジェクト」により実施する。2016年2月14日に行なわれた『ビクターロック祭り2016』への出演権を目指して初開催され、第1回のグランプリにヤバイTシャツ屋さん、準グランプリにAUSTINES (受賞当時 kiki)が選出。2017年3月18日(土)『ビクターロック祭り 2017』では第2回グランプリのkobore、SILYUSの 2アーティストが「ROAR STAGE」を大いに盛り上げた。今回も第3回となるオーディションを開催し、春のロックのお祭りを一緒に盛り上げてくれるアーティストを公募する。

■グランプリ特典<PRIZE>

1.ビクターロック祭り2018 ROAR STAGE出演

2.ビクターエンタテインメント監修のもとタワーレコード内EggsレーベルからCDリリース

■一次審査<リスナー投票>

終了

■二次審査<ライブ審査>

東京会場:2018年2月12日(月・祝)

大阪会場:2018年2月17日(土)

グランプリ発表:2018年2月末予定

https://eggs.mu/project/onechan2018
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。