体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お金持ちでも幸せになれない人 フィナンシャルプランナーが語るその特徴

お金持ちでも幸せになれない人 フィナンシャルプランナーが語るその特徴

子どもの頃はたくさんあった夢も、大人になるとしぼんでしまいがち。「職場と家を往復するだけ」という毎日に慣れきってしまっている人は多いかもしれません。

でも、夢は毎日を充実させるもの。何歳になっても持っていたいものです。そして、大人になってから持つ夢だからこそ、必ず実現できるように具体的に思い描き、必要なものを把握することができます。特に、「お金」は何をするにも入用になるキーワードです。

今回は『びっくりするほど夢が叶う未来設計術』(セルバ出版刊)の著者で、フィナンシャルプランナーとして活躍する加持麻希さんに、「夢とお金」をテーマにお話をうかがいました。

――『びっくりするほど夢が叶う未来設計術』について。まずは本書をお書きになった動機についてお聞かせいただければと思います。

加持:今回の本は、自分の夢や目標を決めて、それを叶えるための人生設計について書いたものです。

私は起業するまで保険会社で営業をしていたのでお客様と接することが多かったですし、様々な同僚も見てきました。そこで感じたのは、将来の夢や実現したい目標がある人とない人では毎日のやる気や考え方、行動がまったく違うということです。やはり夢がある人の方が毎日生き生き過ごしていました。

また、会社の先輩から「今の年齢から80歳くらいまで、何歳で何をするということを設計しておくといいよ」とアドバイスされたことがあって、それを実践していたのですが、そのおかげか、昇進、結婚や出産、起業、商業出版など、思い描いていたことを実現できました。

自分が人生で何をしたいのかを把握して、それができるように人生を設計することで、今やるべきことがはっきりするということを、たくさんの人に知ってほしいと思って書きました。

――本書はまず自分の夢を見つけて、その夢を実現させるためにどうお金を使っていくかという設計になっています。この方法で夢が叶う秘密はどこにあるのでしょうか。

加持:お金というのは「魔法のツール」だと思っていて、使い方によってはその時必要なものを買うこともできますし、自分の行きたい場所まで早く飛ぶこともできます。

自己投資に使えば、経験や知識が得られますし、これまで会えなかった人に会うこともできます。夢を叶える方法について話される時、お金については置き去りにされがちなのですが、お金は夢を叶えるためのものすごく大切な武器だというのはまちがいありません。だからこそ有効な使い方ができるかどうかが大事だと思っています。

――収入が多くても夢が叶うとは限らない、とも書かれていました。お金がある人ほどつまずきがちな点がありましたら教えていただきたいです。

加持:これまで、収入が多い人からあまりお金がない人まで様々な人を見てきましたが、収入が一億円を超えるような人でも、お金が「目的」になってしまうと、つまずくことが多いです。「いくら稼いだ」とか「今年はいくら売り上げたい」とか、お金を得ることがゴールになると、人は疲れてしまう。

でも、たとえば「子どもを海外の学校に入れたいからお金を稼ぎたい」「社会貢献をしたい」など、自分の大きな夢のための道具としてお金を捉えている人は、収入に限らず充実して見えます。お金はあくまで「道具」だと意識は忘れずに持っておくべきです。

――「そもそも夢が持てない」という人も多くいます。こうした人にアドバイスをするとしたらどのようなものになりますか?

加持:夢がない人は、不思議と自分へのダメ出しが得意な人が多いのですが、そのダメ出しだって夢になりえるものです。

「何になりたい」とか「どうなりたい」というものだけが夢ではありません。自分のダメなところを改善するというのも立派な夢で、それに取り組んでいるうちにやりたいことが派生的に生まれることもあります。だから、夢が見つからないという人は、自分の進歩する余地を見つけるためにも、自分へのダメ出しをしてみるといいと思います。

(後編につづく)

【関連記事】

元記事はこちら

「子どもは親の背中を見て育つ」では自信のない親はどうすべきか?

本好きアイドル・夢眠ねむ、“ミーハー読書”のススメを語る

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。