体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンダーキャットの大ヒット・アルバム『Drunk』のチョップド&スクリュード版がリリース

サンダーキャットの大ヒット・アルバム『Drunk』のチョップド&スクリュード版がリリース

サンダーキャットの大ヒット・アルバム『Drunk』のチョップド&スクリュード版が2月2日(金)にリリースされる。

チョップド&スクリュードとは、90年代にヒューストンのヒップホップシーンで生まれた独特のリミックス手法。

そのサウンドのファンだったというドレイクの2011年作品『Take Care』を、オージー・ロン・シー(OG Ron C)が“チョップド&スクリュード”リミックスして以降、再び活況を迎えているカルチャーであり、今年も様々な名盤がチョップド&スクリュード化された他、映画『ムーンライト』のサウンドトラックで、チョップド&スクリュードの手法が取り入れられ、チョップスターズもチョップド&スクリュード版『Purple Moonlight』をリリースしたことも話題となった。

本作『Drank』には、スクリュー職人、オージー・ロン・シーと、彼が率いるチョップスターズの一員であるDJキャンドルスティックが手がけた“Chopnotslop Remix”と名付けられたリミックス群を計24曲収録され、小林雅明氏による解説書が封入される。オリジナル盤に続いてレア化必至の初回限定生産盤はスリーヴケース付。

禁断の“紫”が誘う、怪しく甘美なハーモニクスの世界を堪能できる本作のリリースを記念し、最新Tシャツおよびパーカーの限定発売も決定している。

オリジナル版のサンダーキャット『Drunk』はOTOTOYからも配信中(ハイレゾもあり)なので、今すぐ下記URLからどうぞ。(岡)

・サンダーキャットの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/37488

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。