体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「敵」を作らない人のやんわり断る9つの技術

本当は嫌だけど、断ると角が立つから気が乗らないことでも引き受けるという人が結構多くいるようです。あなたは苦手な人やクライアントなど、自分より立場の上の人からお願いごとをされると、内心「嫌だな」と思っても、ついつい引き受けてしまう損な性格をしていませんか?そこで今回は、広告代理店勤務時代に3,000人以上のVIPと交流し、敵を作らずにやんわり断る人の行動を研究してきた「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんに「敵を作らない人のやんわり断る技術」について話を伺いました。

f:id:fujimine:20180125154105j:plain

やんわり断る人は「自分」より「相手の気持ち」を優先する

私はこれまで国内外の経営者、政治家、学者、医者、弁護士、俳優や女優、世界的クリエイターなど総勢3000名を超す大物と交流してきました。そんな彼らと我々一般人には、断ることに対して決定的な考え方の違いが存在していました。それは、一般人の断りとは「嫌だ」「できない」という自分の気持ちを相手に伝えることをゴールにしていますが、VIPは断ることを通して「今回はできないけど、次回こそは」というような「相手の気持ち」を優先する配慮をゴールにしているということです。簡単に言えば、前者は「できない」と伝え、後者は「できないけど、誘ってくれてありがとう」という感じです。言っていることは同じ「できない」なのですが、「ありがとう」と付け加えられると、何だか配慮され、嬉しくなるのが人情というものです。ムカつかれず、やんわり断る人はこの「ありがとう」的な相手を主役にする配慮のニュアンスを、うまく断り文句に入れ込んでいます。ちょっと概念的な話になりましたので、次から誰でもすぐに真似できる具体的な事例を見てきましょう。

嫌いな人からランチを誘われたとき

×「私、友だちと行くので」と断る

〇「ちょうど食べたばかりで」と断る

断りながらも、「感謝の気持ち」を伝える言い方です。「ちょうど」を添えることで、「あなたと私は同じ考えだった」という親近感を与えつつ、上手に断ることができます。

先約があるとき

×予定が頭の中に入っていたので、「空いていないです」と即答する

〇無理だと知っていたが、あえて「手帳を1度見てから」断る

アポを断るときには、失礼の無い態度が重要です。予定が頭の中に入っていても、念のため「スケジュールを確認する」方が拒絶感を与えません。

お願いごとを断るとき

×丁寧に「メール」で断る

〇丁寧に「電話(対面)」で断る

メールは、きちんと読んでもらえるとは限りません。そのうえ、こちらの気持ちの温度感も伝えにくいもの。どうしても断らなければいけないときほど、誤解のないように直接話すのが正解です。

手が離せない際に、声をかけられたとき

×「作業を続けながら」、「ごめん、手が離せない」と断る

〇「手を止め、相手の顔を見て」から、「ごめん、手が離せない」と断る

何かに夢中になっていると、つい「ながら」で話してしまいがち。しかし、依頼を断るときは必ず手を止め、相手の顔を見ておかないと反感を買いやすくなります。

断るときの礼儀

×自分の会社に「来てもらって」断る

〇相手の会社に「お邪魔して」断る

わざわざ呼び出しておきながら「断る」と反感を買うことになります。断りを入れるなら、相手の気持ちや立場に立ち、こちらから出向くのが大人の礼儀です。

大きなトラブルのとき

×なんとか「自分ひとり」で断る

〇「先輩や上司」に相談し、彼らに「自分の代わりに」断ってもらう

将来的に大きなトラブルにつながる可能性がある場合は、先輩や上司の力を借りて断るのも企業姿勢をきちんと相手に見せる一つの大人の手段です。

相手がしつこい場合

f:id:fujimine:20180125154202j:plain

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。