体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

繊細な味わい「玉子焼(明石焼)」

1月28日放送の「これが東北魂だタコ愛ニッポン人はやっぱりタコが好き」(TBS系、午後16時00分~)では、日本人が好むタコの魅力を特集した中で、「ふなまち」(兵庫県明石市)が紹介された。

同店は、明石の名物である玉子焼を味わうことができるお店。「玉子焼」とは明石焼の別名で、タコを生地でくるんで丸めた、たこ焼きに似た料理だ。

席についた一行の元へ運ばれて来たのは木の板に整然と並ぶ玉子焼とつゆの入った器。これが「玉子焼(明石焼)」(550円)だ。ずらりと並んだ玉子焼の数は実に20個。驚くことにこれが1人前だという。

昆布出汁のつゆに浸して玉子焼を口に入れた女性タレントは「ふわっふわ…」とその食感にまず声をこぼし「あっ、たこ焼きと、全然生地が違う! やさしい味とダシ」と見た目が似ているたこ焼きとの違いに言及。続く伊達みきおさんも「すごい繊細な味だね…優しいわぁ」とコメント。「ダシがうまいって…なるほどねえ」と富澤たけしさんも納得するように頷いた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ふなまち(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:明石のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:明石×和食のお店一覧
ジューシーでカリカリ「本家とり天定食」
野菜たっぷりの郷土料理「だんご汁」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。