体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熊の暮らす公園も。スイスの首都「ベルン」の見どころ7選【現地ルポ】

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
スイスの首都は「ベルン」ってご存知でしたか? 実際に訪れてみたら実に美しい街。その魅力、見どころをお伝えします。

ベルンはざっくりとこんな街

ベルンの語源は「熊」だと言われています。ツェーリンゲン公ベルヒトルト5世が12世紀に町をつくったときに、最初に捕らえた動物が熊だったからとか。市の紋章もこの通り、熊です。

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
(c)Shio Narumi

人口は14万人ほど。首都ですが、チューリッヒ、ジュネーヴ、バーゼルに続いて4番目の人口を抱えています。

スイスで一番大きな都市であるチューリッヒとベルンは、言ってみればワシントンとニューヨークみたいな関係。スイスの公用語は、ドイツ語(スイスドイツ語)、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つあり、この2つの都市ではドイツ語が使われています。スイス人によると、ベルン弁はゆったりとしていて、チューリッヒ弁は早口とか。

見どころ1:馬蹄状に縫うアーレ川の美しさ

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
旧市街の街並みを、急角度にカーブするアーレ川が縁取ります。川の色の、青いこと!正直、入浴剤を入れたみたいな青さだと驚きました。こんな首都でさえ美しい水を湛えているなんて、さすが自然が溢れたスイスだなと思いました。

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選

見どころ2:世界遺産の旧市街

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
赤褐色の屋根にベージュグレーの壁を持つ建物が並び、街は中世の雰囲気を湛えながらも整然としていて、文化都市の印象が強いです。ヨーロッパ最長の約6kmの石造りのアーケードや、正義の女神など色々なものをモチーフとした100箇所以上の泉(水飲み場)が見どころです。

見どころ3:街を見下ろす大聖堂

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
(c)Shio Narumi

大聖堂の前の広場は、ザ・ヨーロッパの雰囲気です。

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
(c)Shio Narumi

美しい街並みを見るために、ぜひ大聖堂の塔をのぼってみてください。狭い階段をらせん状に上がっていくのですが、その数344段。心臓破りです。

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
(c)Shio Narumi

アーレ川が馬蹄状になっている全容は見えないものの、街並みと川の色合いに目が奪われます。

スイスの首都は「ベルン」!熊の町の見どころ7選
(c)Shio Narumi

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy