体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドレイク、新曲がApple Music初週再生記録を更新 全米ソング・チャート初登場1位濃厚

ドレイク、新曲がApple Music初週再生記録を更新 全米ソング・チャート初登場1位濃厚

 ドレイクの新曲「ゴッズ・プラン」がApple Musicの初週再生記録を更新した。2018年1月19日に2曲入りシングル『スケーリー・アワーズ』の1曲としてリリースされた同曲は、発売から1週間で6,000万回以上再生された。

 この数字はポスト・マローンの「ロックスターfeat.21サヴェージ」が持っていた記録の倍以上だ。「ロックスター」は2017年9月にリリースされた直後の1週間で2,500万回再生された。

 「ゴッズ・プラン」は先週、リリース直後の24時間で1,400万回再生され、Apple Musicのリリース初日再生記録を更新したばかりだ。

 リパブリック・レコーズ執行副社長兼ジェネラル・マネージャーのジム・ロッポは、「ドレイクの新曲がApple Musicで達成した初週結果は歴史的であり、全世界でのストリーミングの成長の可能性を示している」と米ビルボードにメールでコメントした。

 デジタル・メディア・アソシエイション(DIMA)と調査会社MIDIAによる新しい報告によると、2017年は米国内のストリーミングが前年度比53%増となり、34億ドル(約3,700億円)の利益があった。2016年は22億ドル(約2,390億円)だった。

 「ゴッズ・プラン」は2月3日付の最新米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で初登場1位になる見込みで、これはドレイクにとって初の首位デビューで4曲目の全米No.1ソングとなる。予備データによると、同曲は米国で5,500万回以上ストリーミングされる可能性があり、更に11万ユニット以上がダウンロードされるとみられ、デジタル・ソング・セールス・チャートでもNo.1になる見通しだ。

 『スケーリー・アワーズ』の“B面”「ディプロマティック・イミュニティ」も米国内のストリーミングが約2,000万回となっている為、こちらもチャート上位で発進しそうだ。

 ドレイクは以前にもApple Musicの記録を更新している。2016年にドレイクの『ヴューズ』は、同サービスで初めて10億回再生されたアルバムとなった。2017年3月にリリースされたミックステープ『モア・ライフ』は、同サービスにおいてリリース初日の24時間で8,990万回再生された。

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイク、新曲「ゴッズ・プラン」がApple MusicとSpotifyで米ストリーミング記録を更新
ドレイク、『Scary Hours』EPを公開
エド・シーラン/ジャスティン・ビーバー/ドレイク/ザ・チェインスモーカーズ他、2017年の全米チャート記録を数字でプレイバック

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。