体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’S 圧巻の全国ツアーファイナル! オカモトショウ初ソロツアー開催も発表

OKAMOTO’S 圧巻の全国ツアーファイナル! オカモトショウ初ソロツアー開催も発表

 OKAMOTO’Sが、全国ツアー【OKAOTOS TOUR 2017-2018 NO MORE MUSIC】のファイナル公演を、2018年1月28日に東京・Zepp Tokyoにて開催した。

OKAMOTO’S ライブ写真(全6枚)

 昨年10月より東京・恵比寿リキッドルームを皮切りにスタートし、全国23か所にて開催された今ツアーは、7thアルバム『NO MORE MUSIC』で新境地に達したOKAMOTO’Sの洗練されたサウンドをライブ会場で体感できる注目のツアーとなった。“音楽必要ですか?”というメンバーからの問いかけに応えるかのように、会場には溢れんばかりの観客が集結。会場入り口では入場規制を行うほどの超満員でライブは幕を開けた。

 冒頭、暗転から一変して1曲目に披露されたのは、オカモトショウ(vo)の弾き語りから展開する盛大なロックバラード「SAVE ME」。クールなスタートから、畳みかける様にNetflixオリジナルドラマ『火花』の主題歌として人気を博した「BROTHER」や「ROCKY」などアップテンポな楽曲の連続に観客のテンションは既に最高潮。すっかりOKAMOTO’Sの世界に入り浸り体を縦に揺らし思い思いに楽しんでいた。

 続けて、「BEDROOM」「Border Line」「Burning Love」など、最新楽曲を惜しげもなく披露。オカモトレイジ(dr)による変幻自在なドラムを軸に、ファンク、ポップ、ロック、ヒップホップの要素をちりばめた唯一無二のパフォーマンスを、これでもかというほど魅せつけていく。MCコーナーに突入し、「こんなにたくさんの方が来てくださるとは思っていませんでした! 今ツアー最大人数です!!」とハマ・オカモト(b)が声をあげると、観客は割れんばかりの歓声をあげ一斉にステージへ拍手を送っていた。今ツアー中の裏話を中心に、各メンバーのキャラクターがより一層際立つ、OKAMOTO’Sならではの内容が繰り広げられた。

 会場のテンションが刻一刻と高まる中、後半は堂島孝平がプロデュースをつとめ、「とても大事な曲です、聴いてください」というオカモトコウキ(g)の煽りから、自身がメインボーカルを務める「WENDY」から始まり、「時差」「Cold Summer」「NEKO」「NO MORE MUSIC」などアルバム収録曲を立て続けて披露。今ツアーよりショウがギターを弾き、コウキがキーボードを弾くなど、アルバムの世界観をバンド4人で成立させるためのメンバーの心意気や、音楽にチャレンジし続ける姿勢がうかがえる。

 会場に設置されたミラーボールによる演出も後押しする中キャッチーで躍動感あふれるパフォーマンスが続き、さらに会場は一体化。「これからもOKAMOTO’Sはかっこいい音楽を作り続けていきます!」というMCの後、イントロのギターリフが印象的なアルバムリード曲の「90’S TOKYO BOYS」を披露すると会場のボルテージも最高潮に。4人の渾身の歌と演奏が真っ向から響き合う圧巻のステージで、約2時間全17曲(アンコール含む)によるファイナル公演は幕を閉じた。

 なお、アンコールでは、4月6日の京都・拾得より全7か所にて展開される、オカモトショウによる初のソロツアー【オカモトショウ(OKAMOTO’S) TOUR 2018 ~Take Five~】の開催がサプライズ発表された。本ツアーは、本日より1週間オフィシャルサイトにて最速先行受付がスタートしている。

◎セットリスト
【OKAOTO’S TOUR 2017-2018 NO MORE MUSIC】
2018年1月28日(日)東京・Zepp Tokyo
01.SAVE ME
02.BROTHER
03.ROCKY
04.BEDROOM
05.なんかホーリー
06.Border Line
07.Beek~Mr.Freedom~うまくやれ
08.Burning Love
09.WENDY
10.時差
11.Phantom(By Lipstick)
12.Cold Summer
13.NEKO
14.NO MORE MUSIC
15.90’S TOKYO BOYS
En1.青い天国
En2.Star Light

◎ツアー情報
【オカモトショウ(OKAMOTO’S) TOUR 2018 ~Take Five~】
4月6日(金) 京都府・京都拾得
OPEN 18:00 / START 19:00
4月9日(月) 愛知県・名古屋TOKUZO
OPEN 18:00 / START 19:00
4月12日(木) 福岡県・福岡ROOMS
OPEN 18:30 / START 19:00
4月14日(土) 東京都・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN 17:30 / START 18:00
4月23日(月) 宮城県・仙台retro Back Page
OPEN 18:30 / START 19:00
4月24日(火) 石川県・金沢もっきりや
OPEN 18:30 / START 19:00
4月26日(木) 大阪府・umeda TRAD
OPEN 18:00 / START 19:00
出演:オカモトショウ(OKAMOTO’S)+Special Guest

<チケット>
▼オフィシャルHP最速先行受付
受付期間:1/28(日)20:00~2/4(日)23:59
受付URL:http://bit.ly/2niNGxf
チケット代: 全自由・3,780円(tax in./Drink別)
※お1人様1公演につき4枚まで(複数公演お申し込み可)
一般発売日:2月24日(土)

関連記事リンク(外部サイト)

黒猫チェルシー結成10周年公演に盟友OKAMOTO’S参戦 新曲秘蔵ライブ映像も解禁
桑田佳祐/ゆず/THE BAWDIES/OKAMOTO’Sら【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017】2日目レポ(後編)
対談:猪野秀史×ハマ・オカモト(OKAMOTO’S) ~ 鈴木茂&林立夫との共演と“日本のロック”から受けたヒントを語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。