体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「現代版花咲か爺さん」の作品が見事すぎると話題

「現代版花咲か爺さん」の作品が見事すぎると話題

 76歳の男性による折り紙などで作られた花や植物の作品がとても素晴らしく見た人の心を和ませています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ツイッターで紹介されたこの作品は、かしわさんのお祖父さん(76歳)の作品。
「一人暮らししてるうちのおじいちゃん(76歳)の作品をみて欲しい コーヒーフレッシュの空き容器や吸い終わったタバコの箱を植木鉢に見立てて折り紙でお花作ってるらしいめっちゃ細かい」とその作品の写真を紹介しています。

 花の種類も大変豊富で、ダリアやガーベラ、キキョウ、キクと思われる色とりどりの花が所狭しと並べられています。その大きさは使い捨てライターの半分の大きさのものからタバコの箱の大きさくらいのものまで様々。コーヒーに入れるミルクの空き容器が植木鉢に変身しており見事な鉢植えになっています。タバコの箱もまるで花瓶のように折り紙の花が活けられています。

 この紙の花、かしわさんによると40年ほど前にタバコの箱で傘を作ったのがきっかけとなって色々な作品を作られるようになったのだそう。タバコの箱、使い捨てのお弁当箱、アイスの棒、コーヒーフレッシュの空き容器など、使えそうなものは何でもリサイクルして作品にされていたそうで、かしわさんが子供の頃はよくアイスの棒を組み合わせた輪ゴム銃や、タバコの箱でカッコいい手裏剣などを作ってくれていたそうです。割りばしやアイスの棒などで作る輪ゴム銃は男子に大人気ですよね。こういったものが作れるとちょっとしたヒーロー扱いされたりして。

 それにしても細かく見事な造形です。まさに職人技ですね。とても丁寧で繊細な作り、たくさんの人に見てもらいたいですね。

一人暮らししてるうちのおじいちゃん(76歳)の作品をみて欲しい
コーヒーフレッシュの空き容器や吸い終わったタバコの箱を植木鉢に見立てて折り紙でお花作ってるらしい
めっちゃ細かい pic.twitter.com/TWn5EvFYfp

— かしわ (@toriten1231) January 26, 2018

pic.twitter.com/lCFdoWvOGd

— かしわ (@toriten1231) January 26, 2018

<記事化協力>
かしわ‏さん(@toriten1231)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

分かる人にはめっちゃウケる!LINEの音楽記号スタンプに思わず「それな!」
じわじわくる?生き物みたいな尾張一宮の謎オブジェ
強風の中羽ばたく鳩たちの姿がまるで絵画の様

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会