体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Kiroro、出産、子育てを経て13年振りとなる沖縄での原点回帰フリーライブ大成功

Kiroro、出産、子育てを経て13年振りとなる沖縄での原点回帰フリーライブ大成功

 Kiroroが活動の拠点であり原点でもある沖縄・サンエー那覇メインプレイスにてフリーライブを1月28日に実施、新曲「アニバーサリー」他、全6曲を披露した。

Kiroro ライブ写真(全5枚)

 1998年1月21日にシングル『長い間』でメジャーデビュー、オリコン1位を獲得した後もロングセラーを続け、120万枚を越える大ヒットを記録、以後も「未来へ」「Best Friend」などのヒット曲を生み、紅白にも出場、そのピュアな楽曲と素朴なキャラクターで沖縄を代表するアーティストに成長したKiroro。玉城千春(Vo)、金城綾乃(p)ともに3人の子の母親として、沖縄で子育てをしながら音楽活動をしている中、24日に13年振りとなるオリジナルアルバム『アイハベル』を遂にリリースする。

 Kiroroとしてフリーライブを行うのは、2005年に沖縄・久茂地で行われたフリーライブ以来13年振り。当時は玉城、金城ともに結婚しており、この年のツアーを最後に2014年までの約10年間は出産と子育てを中心とした生活でKiroroとしては活動休止状態であった。「もう歌は歌わないと思った」という玉城と「子育てしながら音楽は考えられなかった」という金城の二人は2013年、金城の妹の結婚式での運命の再開、それからマイペースながらの再始動を経て、デビュー20周年の<2018年にはオリジナルアルバム発売>を目標に、家事と子育ての合間にアルバム制作をコツコツと続けてきたKiroroの二人。

 この日のライブ1曲目は20年前のデビューシングルにして120万枚のセールスを記録した「長い間」を披露、20周年を迎えられたファンへの感謝を伝えつつ、Kiroroの2人による40歳の今しか書けない、今だから書ける内容のニューアルバム『アイハベル』より、デビュー20周年を記念して書き下ろした楽曲で歌詞の中にKiroroの曲タイトルが多数載っている「アニバーサリー」を歌唱した。

 名曲「Best Friend」を披露した後、玉城曰く「この曲は中3の時にサビだけ出来ていて、ずっと温めていた、というか仕上げられなかった曲」で、25年の時を越えて仕上がった「Let’s Go Together」を初披露。5曲目はKiroroのコンサートではいつも歌っていてファンから音源化を熱望されていた「花は咲く」(カバー曲)を「この歌はずっと歌い継いでいきたいです」と金城がコメントしつつ披露、ラストはKiroroの代表曲「未来へ」をサビはファンと合唱する形でこの日最高の盛り上がりを見せ、ライブは終了した。

 ライブ終了後にはアルバム『アイハベル』購入者対象の握手会も行われ、この日を待ち焦がれていたKiroroのホームタウン沖縄のファンの熱いメッセージを受けつつイベントは終了した。なお、この日のライブの模様はLINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネルで生中継され、沖縄に駆けつけることができなかった全国のファンにもリアルタイムで届けられた。

◎公演情報
【Kiroro デビュー20周年アルバム『アイハベル』リリース記念フリーライブ&握手会】
2018年1月28日(日)
沖縄・サンエー那覇メインプレイス2Fオープンモール
<セットリスト>
M-1 長い間
M-2 アニバーサリー
M-3 Best Frien
M-4 Let’s go together
M-5 花は咲く(カバー)
M-6 未来へ

◎リリース情報
アルバム『アイハベル』
2018/1/24 Release
<通常盤>
VICL-64907 3,240円(tax in.)
<収録曲>
01. アニバーサリー
02. あなたに会えなくなって
03. ブランコ
04. ラララ
05. 無敵なBig Smile
06. Let’s Go Together
07. ルルリラ
08. 鳥かご
09. ヒカリ
10. OK OK
11. ずっとこれからも
12. 花は咲く(ボーナストラック)

Photo:Kouki Takeyasu

関連記事リンク(外部サイト)

Kiroro 13年ぶり沖縄フリーライブ決定! 懐かしのミュージックビデオ17作品一挙公開も
Kiroro 来年デビュー20周年! 13年ぶりNEWアルバム『アイハベル』発売&全国ツアー決定
Kiroro 『アーロと少年』のエンドソング「Best Friend」熱唱に観客500人が感動

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。