体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FAKY、初の大阪ワンマンライブを開催

FAKY、初の大阪ワンマンライブを開催

 FAKYが、1月26日に大阪MUSEで大阪初のワンマンライブを開催した。

 今回行われた【FAKY FIRST LIVE 「Unwrapped」 -Encore Edition-】は、昨年10月に東京で行われたワンマンライブの追加公演。大阪では初のワンマンということもあり、待ちに待ったファンが多数詰めかけ会場は熱気に包まれていた。

 世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」Viral Top 50チャートにて日米Top 10入りを果たした「Surrender」から本編はスタート。序盤はキレのあるダンスや、コール&レスポンスでうまく観客を煽り場内を沸かしていくFAKY。

 本編中盤ではこの日のゲストアーティストでパフォーマンスを行ったFREAKを呼び込みコラボレーション楽曲を披露。8人が繰り出す心地よい歌声とハーモニーに観客は酔いしれていた。FREAKを送り出し再びFAKYのみのパフォーマンスに戻ると、ここで昨年12月に配信した「Someday We’ll Know (English Version) 」を初披露。もともとこの楽曲は日本語詞であり、「ここから飛び出していこうぜ」という世界観を持つ歌詞だったが、英詞では「自分で決めた道に向かって歩んでいこいうよ」という意味を持つことを後のMCでも語っていた。現在の4人のメンバーになった初期の頃に作り、大事にしてきた未発表曲「Who We Are」を歌唱し本編が終了。

 アンコールのMCでAnnaから2月16日に「Candy」のEnglish Versionが配信されることが発表されると会場からは歓声があがり、続けてAnnaは「UKレーベルでのリリースも決まったので、ここからはインターナショナルなファンの方にも楽曲をたくさん聞いていただきたい」と、English Versionが続いている理由を説明し海外での活動への意気込みを語っていた。そして最後「SUGA SWEET」で最高の盛り上がりを見せ初の大阪ワンマンライブは終了。【FAKY FIRST LIVE 「Unwrapped」 -Encore Edition-】は、2月18日にメンバーのMikakoの地元福岡でも行われる。

◎公演情報
【FAKY FIRST LIVE 「Unwrapped」-Encore Edition-】
2018年2月18日(日)
福岡 BEAT STATION
OPEN 17:30 START 18:00
チケット前売 : 3,300円 ※別途要1ドリンク

関連記事リンク(外部サイト)

FAKY 初ワンマンライブを今秋開催
FAKYが初のCD作品『Unwrapped』を6月リリース、大沢伸一プロデュースの楽曲も収録
FAKY「Surrender」が、Spotifyの【全米 Viral Top 50】で8位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。