体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デートでも人気!食品サンプルの本場、郡上八幡で食品サンプル作りを体験

デートにも最適!本場の郡上八幡で食品サンプル作りを体験
岐阜県の代表的な観光地の1つ、郡上八幡(ぐじょうはちまん)に訪れた経験はありますか? 水路の美しい城下町で、TABIZINEの過去記事「悲しくなるほど美しいと言わしめた城も。日本の天空の城3選」でも紹介した天空の城の1つと呼ばれる郡上八幡城、やなか水のこみち、いがわこみち、宗祇水(そうぎすい)、郡上おどりのように見どころがいっぱいありますが、実は食品サンプルの町としても知られています。

デートにも最適!本場の郡上八幡で食品サンプル作りを体験
ラーメンの食品サンプル

 

そこで今回は食品サンプルの本場、郡上八幡でサンプルづくりを楽しめる場所を紹介します。実際に筆者も体験してきましたので、飛騨高山や下呂温泉などの旅行に出かけた際には、郡上八幡で食品サンプルづくりにもチャレンジしてみてください。

食品サンプルの始祖・岩崎瀧三は郡上八幡生まれ

デートにも最適!本場の郡上八幡で食品サンプル作りを体験
岩崎瀧三の生家の前に飾られた食品サンプル

そもそも食品サンプルと言われて、何の話をしているのかピンと来ていない方も居るかもしれません。洋食屋やレストランのサンプルケースに飾られている、実物そっくりの食品ディスプレイですね。パフェだとか、ラーメンだとか、スパゲティだとか、さまざまなサンプルを見かけますが、あの食品サンプルはそもそも郡上八幡(八幡町)出身の岩崎瀧三という人が、大阪で初めて事業化に成功させたところから歴史が始まるのだとか。

岩崎氏は故郷の郡上にも会社を設立し、地場産業として大きく発展させます。今では全国のシェア7割を占めるほど、郡上八幡では食品サンプルづくりが盛んに行われています。確かに町を歩いてみると、歴史ある城下町のそこかしこに食品サンプルを制作・販売する場所があります。風情ある町並みになじんでいるかどうかは別の問題ですが、旅行先での体験プログラムとして、ぜひとも体験しておきたいです。

 

サンプル作りはデートでも楽しめる

デートにも最適!本場の郡上八幡で食品サンプル作りを体験
さんぷる工房の外観

数ある制作体験所の中で、今回筆者が訪れた場所は、食品サンプル創作館さんぷる工房になります。宗祇水(そうぎすい)から宮ケ瀬橋を渡った場所にある工房で、食品サンプルの購入はもちろん、製作体験、プロの制作現場の見学ができるスポットになります。お店の方に聞くと、食品サンプルづくりは平日だと要予約で、休日は当日申し込みでも構わないと言っていました。お店、訪問する日にちによって異なりますので、要注意ですね。

同工房で体験できるサンプル作りは、カップアイス作り、スイーツタルト作り、天ぷら作り(1人3本+レタス)となります。筆者はスイーツタルト作りと、天ぷら作りにチャレンジしました。

スイーツタルト作りはフルーツを5種を選び、専用のクリームをカップに注ぎ込んで、盛り付ける制作体験になります。未就学の子どもでも10分程度で楽しめるプログラムですので、家族でチャレンジするのもいいですね。

デートにも最適!本場の郡上八幡で食品サンプル作りを体験
制作風景

一方で天ぷら作りは、小学生以上の子どもはもちろん、大人にもカップルにも大人気のプログラム。実際に筆者が体験したときは、名古屋から来たという大学生のカップルと一緒になりました。エビやカボチャ、ナスなどあらかじめプロが制作した食品サンプルに衣を付ける作業と、レタスを一から作る作業が主な体験内容です。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会