体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJIドローンで撮影した360パノラマ空撮写真をGoogleフォトで閲覧可能にする方法

スマホを使ってで飛ばせる DJI Spark はドローンの中でも珍しく 360 度パノラマ写真を撮影することができます。撮影した 360 写真は、そのまま Google フォトにアップロードしても単なる写真として人気されませんが、Google フォトの便利なアシスタント機能を有効にしておくと、ちゃんと 360 写真として作り直してくれます。DJI Spark にはドローンが一周回転しながら写真を撮影し、それらを繋ぎ合わせてまるで 360 カメラで撮影したかのような 360 写真を作成することができます。その写真をスマートフォンにダウンロードした場合、DJI Go 4 アプリ内では 360 写真を見ることができますが、他のアプリではスティッチング前の写真として認識されます。そこで写真を機体からスマートフォンにダウンロードした後、Google フォトにアップロードすると、その写真を元に Google フォトが自動的に 360 写真を作成してくれます。Google フォトが作成した 360 写真は「アシスタント」に表示されるので、手動で「保存」します。Google フォトで閲覧できる 360 写真であれば、Facebook でシェアしてもそれが 360 写真として認識されるので、上空から撮影した文字通り広大な風景を家族や友達に見せることができます。

■関連記事
Googleの「Files Go」がタブレットをサポート
Wi-Fiで他のデバイスに接続している時にインターネットに繋がらない場合の対処法
DJI Go 4アプリがMavic Airをサポート開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会