体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

会社の中で瞑想ができる!?ビジネスマンのための専用メディテーションポッド「Open Vessel」

今、瞑想がちょっとしたブーム。マインドフルネスの登場したことで、近年ますます注目度が高くなっている。デジタル機器と格闘しながら、日々の仕事に忙殺される現代人にとって、静かに自分と向き合う時間はとても貴重だ。ストレスの軽減はもちろん、脳内が活性化され、新たな創造を生むきっかけともなり得る。

そうは言っても、勤務時間中に自席で堂々と座禅を組むのは憚られるだろう。そこで登場したのが、この「Open Vessel」。エネルギーと集中力、精神のバランス復元をめざす、デジタル時代のためのパーソナル瞑想ポッドだ。

・タブレットから簡単操作

卵形のポッドの内部は、ちょうど大人が1人、座れるぐらいの広さ。中央に、LEDライトが一体化した背もたれに囲まれた、円形のベンチが置いてある。ここが、瞑想のメインスポットだ。

操作はタブレットなどの端末で行う。専用アプリから、メデティーションに必要なサウンドを選択すると、ポッド全体に音が響き渡る仕組みだ。

・多彩なヒーリングサウンドを提供

音の選択肢は、さまざま。リラックス、エナジャイズ、デイドリームなど、実に多彩。静かに瞑想したい人のために、“沈黙”という項目も設けてある。アーティストと提携して作った、オリジナルサウンドもグッド。Omar AhmadzaiやAndrew Clarkといった、第一線で活躍するヒーリングアーティストの音は必聴だ。

スティーブ・ジョブスやビル・ゲイツをはじめ、著名なビジネスリーダーがこぞって実践していたという瞑想。福利厚生の一環として、空いたスペースにポッドを置いても損はないかも!?

Open Vessel

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会