体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国立国際美術館開館40周年記念展、鑑賞者が”トラベラー”に

180128
ロバート・ラウシェンバーグ《至点》1968年 国立国際美術館蔵 © Robert Rauschenberg Foundation 提供:NTT InterCommunication Center [ICC]

特別展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」が、国立国際美術館の開館40周年を記念して開催される。会期は2018年1月21日から5月6日まで。

本展は、全館を会場に二部構成で展開される。
 「The Multilayered Sea:多層の海」と題した第一部は、時間や歴史、記憶という多層化したレイヤーから現代社会の姿を浮かび上がらせる作家の作品を、同館にゆかりのある収蔵作品と現代作家の作品と交互に展示する。
第二部では「Catch the Moment:時をとらえる」をテーマに、絵画や彫刻に限らずインスタレーションや映像など新しいスタイルの作品が増えたことを背景に、パフォーマンス作品を通じて今後の美術館の未来を探る。

出品作家には畠山直哉、米田知子、森村泰昌ほか、さまざまな分野のアーティストの作品が集結。絵画や彫刻、映像、パフォーマンス作品のほか、同館が収集した約8,000点ものコレクションにインスピレーションを得たコミッションワークが展示される。
また、同館のコレクションであるロバート・ラウシェンバーグの「至点」(1968年)が大規模な修復を経て再び展示される。

新たな試みにあふれた本展。鑑賞者は時空を超えた「トラベラー」となり、自由に想像力をめぐらせることができる。

トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために

会期:2018年1月21日(日)〜5月6日(日)

会場:国立国際美術館

住所:大阪市北区中之島 4-2-55

開館時間:10:00〜17:00
     ※金曜・土曜は20:00まで(入場は閉館30分前まで)

休館日:月曜日
    ※ただし2月12日(月・休)は開館し、13日(火)は休館。4月30日(月・休)は開館

観覧料:一般 1,200(900)円、大学生 800(550)円、高校生以下・18歳未満は無料
    ※()内は20名以上の団体料金

夜間割引料金:一般 1,000円、大学生700円(金曜・土曜の17:00〜20:00)
出展作家:マリーナ・アブラモヴィッチ、ヴィト・アコンチ、アローラ&カルサディーラ、ナイリー・バグラミアン、アレクサンダー・コールダー、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、ヒーメン・チョン、榎忠、ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、ペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイス、藤井光、シアスター・ゲイツ、アルベルト・ジャコメッティ、テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー、許家維、小泉明郎、ロベルト・クシミロフスキ、ポール・マッカーシー、ボリス・ミハイロフ、ジョアン・ミロ、森村泰昌、大竹伸朗、ロバート・ラウシェンバーグ、ピピロッティ・リスト、カリン・ザンダー、笹本晃、関川航平、潮見允枝子、塩田千春、白髪一雄、ロバート・スミッソン、須田悦弘、高松次郎、植松奎二、ヤン・ヴォー、米田知子ほか

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。