体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空中宮殿にアーユルヴェーダも。最高に癒される、スリランカってどんな国?

「どこにあるの?」って言われがちだけど最高に癒される、スリランカってどんな国?
日本でスリランカの話をすると、たいてい「スリランカってどこにあるんだっけ?」という反応が返ってきます。

そもそもスリランカに対して具体的なイメージをもっていない人が多く、もっていたとしても「なんとなくインドに似ている」と思われがちなスリランカですが、ほかにはない魅力が詰まった癒しの国なのです。

スリランカってどんな国?

「どこにあるの?」って言われがちだけど最高に癒される、スリランカってどんな国?
スリランカ(スリランカ民主社会主義共和国)は、インドの南、インド洋に浮かぶ島国。面積は北海道の約0.8倍、人口およそ2100万人の小さな国です。

かつてはイギリスの支配下に置かれていましたが、1948年にら自治領(英連邦王国)の「セイロン」として独立。1972年に「スリランカ共和国」に改称し、1978年に現在の国名「スリランカ民主社会主義共和国」になりました。

主要民族はシンハラ人で約75パーセント、ついでタミル人が約15パーセント、スリランカ・ムーア人が約10パーセントを占めています。

公用語はシンハラ語とタミル語ですが、イギリスによる植民地支配の影響もあって、英語もよく通じるため、一般的な観光旅行でコミュニケーションに苦労することはあまりありません。

首都は最大の都市・コロンボ近郊のスリジャヤワルダナプラコッテで、通貨はスリランカルピーが用いられています。

日本からスリランカへ

「どこにあるの?」って言われがちだけど最高に癒される、スリランカってどんな国?
日本からスリランカへのフライトは、スリランカ航空が成田とコロンボを直行便で結んでいます。往路の所要時間はおよそ9時間半。ほかに、LCC(格安航空会社)のエアアジアを利用し、クアラルンプールで乗り継いでコロンボを目指す方法などもあります。

スリランカに入国するには短期間の観光目的の滞在であってもビザが必要です。オンラインでETA(電子渡航認証システム)の申請ができるほか、到着時に空港での現地申請も可能ですが、空港カウンターが混雑している場合は時間がかかることもあるので、オンラインでの事前申請がおすすめです。

手つかずの自然が残る癒しの国

「どこにあるの?」って言われがちだけど最高に癒される、スリランカってどんな国?
「スリランカ」とはシンハラ語で「光り輝く島」の意味。その名の通り、豊かな自然に恵まれたスリランカは、国土の10パーセントが国立公園に指定されており、手つかずの自然が随所に残っています。

「どこにあるの?」って言われがちだけど最高に癒される、スリランカってどんな国?
ヤーラ国立公園やウィルパットゥ国立公園では、ヒョウやゾウ、クマといった野生動物に出会えるサファリツアーが楽しめます。

「どこにあるの?」って言われがちだけど最高に癒される、スリランカってどんな国?
また、観光客に大人気なのがピンナラワの象の孤児院。群れからはぐれた象やなんらかのハンディキャップを負った象たちが50頭以上暮らす象の楽園です。

他国にも野生の象を保護する施設はありますが、ピンナラワの象の孤児院は桁違いのスケール。水浴びの時間になると数十頭の象たちが一斉に川へと行進する光景や、水浴びの喜びを全身で表現する象たちの生き生きとした姿には、誰もが笑顔に。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。