体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年度の卒業生一挙ご紹介!【後編】−猫の館ME

千葉県浦安市の里親募集型保護猫カフェ「猫の館ME」は、成猫に特化した保護猫施設です。成猫は子猫に比べ譲渡のチャンスが本当に低く、時には全く決まらないことが数カ月も続いてしまうほど。日ごろから譲渡に向けた地道な努力が必要なのです。

努力が実り、2017年、晴れて館から卒業した猫たちのご紹介後編です。

アル(元2代目店長ぷう汰)・テト(元チェロ)

譲渡希望の方の描く、猫との暮らし。その中で最初は候補になっていなかった猫さんを提案したけれど、それが本当にドンピシャで、「今となってはこのコたち以外考えられない」というケースもあります。「アル」(元2代目店長ぷう汰)くんと「テト」(元チェロ)くんは、正にそんな決まり方をして卒業していった二人。でも本当に今のご家族にぴったりなマッチングでした。

ハル(元春風)

黒猫の「ハル」(元春風)くんのケースは、2016年春の卒業生「モカ」くんのご家族から先住猫さんとモカくんの関係についてご相談を受けたことがきっかけでした。モカくんは、先住ジルちゃんへ執拗にアタック攻撃をするとのこと。私たちはモカくんが若いパワーを持て余しているように感じたので、同じように館でパワーを持て余している黒猫の「ハル」(元春風)くんをご提案してみたのです。

ハルくんは人間のことも大好きな陽気な性格で、トライアルの初期にはもう、パパの気持ちを鷲掴みしてしまいました。そしてモカくんとの相性もバッチリ。モカくんのジルちゃんへの攻撃もぐんと減りました。ご家族の方が本当に笑顔で3ニャンの話をしてくださるのを見ると、マッチングの重要性をあらためて実感するのです。

ハチ(元瑛太)

逆に譲渡希望の方の希望が本当にビンゴなこともあります。一度トライアルを中断して戻って来た黒猫の「ハチ」(元瑛太)くん。見染められて行った2度目の譲渡先では、お姉ニャンの「ナナ」ちゃんとの相性がよく、すんなりお家に溶け込みました。そのケースもそうですが、先住猫さんとの相性はトライアル成功のポイントですね。

空・ルーナ(元リンダ)

先住猫さんのいるお家へ卒業した「空」くん。ところがその後、先住猫さんだったお姉ニャンのミルキーちゃんが亡くななってしまいました。ご家族は寂しさを紛らわすため、館に遊びに来てくれたのですが・・・ちょうど入居したてだった「ルーナ」(元リンダ)ちゃんと出会い、ご家族はすっかりメロメロに。そして空くんの妹として迎え入れることになりました。空くんの大らかな性格に助けられ、今ではすっかり「家族」になったルーナちゃんです。相性が良かったのでしょうね。

まろ

じっくり家族になる猫さんを決める人もいれば、ひと目惚れというケースもあります。
こちらの「まろ」さんは、まさにピピピとご家族全員で電波が走り、卒業していったシンデレラボーイです。

ミミ

「ミミ」ちゃんは、ご家族がじっくり何度も館に通い、家族会議を重ねて決まったご縁です。卒業後はほとんどケージ不要なくらいすぐにお家に溶け込んで、今では女王様としてお家で一番偉い立場なのだそうです。ミミちゃんも一人っ子気質なので、猫のいない空間が嬉しくてしかたないでしょうね。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。