体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築地市場で食べられる「絶品フィッシュバーガー」!

築地市場で食べられる「絶品フィッシュバーガー」!
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。1月26日(金)のオンエアでは、築地の場外市場にあるフィッシュバーガー専門店をご紹介しました。

グルメバーガーがブームになっている今、なんと築地市場にもフィッシュバーガー専門店がオープン。店名は「築地魚政 Tsukiji Fish Burger MASA」。今回は店主をお迎えしてお話しを伺いしました。

早朝は魚屋「築地魚政」で働いている店主が、空いた日中の時間を利用して始めたのがこのフィッシュバーガー専門店だそうで、基本となるフィッシュバーガーは鱈・鮭・鯖の3種類。今回はその中から2種類のフィッシュバーガーをスタジオにお持ちいただきました。

まず1品目は「鱈バーガー」。宮城県産の鱈をフライし、チェダーチーズとともにバンズで挟んだシンプルなバーガーです。味の秘密は自家製マヨネーズで作ったタルタルソース。そして、隠し味として「がり」を入れることによって魚の臭みを消し、さっぱりと食べられるように工夫をしているそうです。フライは大阪の串揚げ屋に習って軽い食感を実現するなど、シンプルなように見えて実はとても凝った一品です。

試食した渡部もすぐにその奥深さに気がついたようで「非常にバランスが良くておいしいです!」と絶賛していました。

2品目は「しめ鯖バーガー」です。店主が「おそらく世界で初めてだろう」と語るこのフィッシュバーガー。宮城県産の新鮮な「金華さば」で作ったしめ鯖に、築地の老舗玉子焼き屋「松露」の一味唐辛子入り玉子焼を合わせ、半生のかつお節をまぶしてバンズで挟んだ一品です。

最初こそ「しめ鯖バーガー」の衝撃に戸惑っていた様子の渡部でしたが、一口食べて「生臭いかと思ったんですけど全然ですね! これは美味しい!」と太鼓判を押していました。

このほかにも「築地魚政 Tsukiji Fish Burger MASA」では、鯖の竜田揚げを使ったバーガーや煮穴子のホットドックなど、時期に応じてさまざまなメニューが楽しめるそうです。築地を訪れた際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。