体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーでバスを走らせる、ロンドンの画期的プロジェクト

コーヒーでバスを走らせる、ロンドンの画期的プロジェクト

石油燃料の代替物といわれているバイオ燃料。正確に言うと、燃焼のときに二酸化炭素を排出するものの、原料となる植物が育つプロセスでそれを吸収し、酸素をうみだすことから、その排出量は「ゼロ」とカウントされています。

バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。

大量に飲まれるコーヒーが
バイオ燃料になる

イギリスの飲み物といえば、やっぱり紅茶。だけど、クリーン技術会社「Bio-Bean」の調査によると、ロンドンに暮らしている人たちは、1日平均2.3杯のコーヒーを飲んでいて、年間20万トン以上の出し殻をゴミとして捨てているようです。

そこで、「Shell」と「Bio-Bean」は連携して、コーヒーの出し殻からバイオ燃料を製造し、バスの原動力にしようという取り組みをスタートしました。

彼らは、すでに6,000リットルのコーヒーオイルを抽出していて、これをディーゼル燃料と混ぜ合わせれば、ロンドンのバスが1台、1年間走行できるだけのエネルギーを確保できると、リリースで発表しています。コーヒーでバスを走らせる、ロンドンの画期的プロジェクト

「コーヒーをバイオ燃料に」という革新的なアイデア。イメージをするのは難しいけど、深煎りされたコーヒー豆を考えてみれば、納得できることでしょう。確かに、豆の表面には油がついています。

さらに、多くの人から評価されているもう1つの理由は、ゴミとして扱われているものを原料にして、新たな“代替エネルギー”を作りだしたことなのかもしれません。

「Bio-Bean」の創業者Arthur Kayは、こう言っています。

「ゴミを未開発のリソースだと考え直したら、可能性のある素晴らしい事例になりました」

Licensed material used with permission by Shell

関連記事リンク(外部サイト)

「歩いて発電できる」道路が、ロンドンに。
ロンドンの秘密をこっそり教えてくれるキュートな「観光レンタカー」
ハンドドリップを手助けしてくれる「半人前」のコーヒーメーカー

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会