体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子育てセミナーで知った、上手な1歳のしつけ方法に目からウロコ!

f:id:akasuguope01:20170918152752j:plain

子供のしつけは本当に大変です。

早めにすべきなのか、子供の成長を見守るようにすればいいのか、考えてしまいます。

長男のしつけで私はとても困りました。始めは甘やかすばかりで、とてもわがままになってしまったのです。

物は何でも捨てたり、食べ物でも好き嫌いが多く、自分の思い通りにならない時は癇癪を起こしたりと大変でした。 関連記事:同じ“子をもつ親”でも考え方は人それぞれ。投げ癖で気づかされた児童館でのある出来事 by ナナハル

私は保健士さんから紹介された地域の子育てセミナーに参加したことがきっかけで、今までのしつけは間違っていたのだと実感しました。

2つとても印象に残ったお話をしたいと思います。

1つ目は、子供があれをしたいやこうしたいと言ってきた時に「わがまま」と決めつけて叱ってしまいがちですが、そんな時はそっと子供の気分を他のことに向けるような作戦を立てることです。

こうすれば癇癪を起さずに物事が解決します。ママも子供もストレスがなくなります。

私は、すぐに怒ってしまって「ダメ!」とばかり言ってしまっていました。

2つ目は、子供が遊び食べをしてしまう時の対策として、ママが一緒に食事をして綺麗な食べ方を見せ、それでも子供が食べずにぐちゃぐちゃにして遊んでしまう時は、20分~30分を目安して、さっと片付けてしまうことです。

これも、私は間違っており、1時間近く食事に掛けてしまったこともあります。

さらに、じっと座って食べていない息子に対して、私が追いかけて一口、二口とあげていましたが、この「追っかけっこ食べ」は良くないと注意されました。

その理由は、もう食べる気持ちがいない子供に対して無理矢理あげても余計に機嫌が悪くなって暴れるだけですし、座って食べられない習慣が付いてしまうと、外食時や幼稚園などで困るからだそうです。

せっかく作った料理を残されるのはとても残念ですし、勿体ないと思ってしまいます。しかし、子供の将来の為を思って切り上げることも大切なのだと思いました。食べるのをやめて、食べ物で遊び始めたら、「もうごちそうさまだね!」と言って片付ける。

これを繰り返すうちに、子供は徐々に食事時には座って食べないといけないのだというルールがわかってくるそうです。

具体的に教えてもらったおかげで、悩んでいたしつけも自信をもって取り組めるようになりました。また、それからは地域のふれあいなどにも積極的に参加し出して、他の子供の様子を見せるようにしています。

他の子がしていることを真似をして成長するので、良い事も悪い事も教えるいい機会になるそうです。 関連記事:しつけはいつから?赤ちゃん時代は「目を見て」言い聞かせるのが大事

私は、子育てセミナーに参加して本当に良かったと思っています。初めての子は、ママも子育て1年生なので分からないことがたくさんあります。ですから、子育てセミナーなどに積極的に参加することの大切さを実感しました。

f:id:akasuguope01:20170918145030j:plain

著者:tatto

年齢:27歳

子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠27週目

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

悲しい顔で「ポイチンタイタイ…」なかなか伝わらない、1歳児への注意の内容  by 眉屋まゆこ
育児あるあるの1つ『おもちゃの取り合い』。こんな対応の選択肢もアリ!  by チカ母
手づかみ食べでも褒められる1歳児に納得いかない5歳児。4歳差兄弟の叱り方・褒め方問題 by tomekko

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会